「スラムダンク勝利学」要約と感想

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから229回目の投稿です!

今日、6月18日はおにぎりの日です。

町内の遺跡で日本最古の「おにぎりの化石」が発見されました。

このことから「おにぎりの里」として町起こしをしている石川県鹿西町(現 中能登町)が制定されました。

おにぎりの化石ってめっちゃ気になって調べてみました。

そしてたら、この写真が出てきました。

参照URL

これがおにぎり!?

にわかに信じがたい(笑)

こういうのもあるのだと、良い勉強になりました(笑)

今日は「スラムダンク勝利学」の要約と感想について書いていきます。

結論としては、「読んだらSLUMDUNKを見たくなる作品」です。

流れは、

  • おすすめポイント
  • 本の要約
  • よこがくの感想

です。

 

<おすすめポイント>

本書のおすすめポイントは、

  • SLUMDUNKを知っている人は読んでほしい
  • 漫画を通じて、人生の勝ち方・生き方を教えてくれる
  • 著者 井上雄彦さんも推薦している作品

 

 

<本の要約>

本書について要約していきます。

 

  • 著者:辻秀一さん
  • 2000年に書かれたビジネス書
  • 漫画「SLUMDUNK」から人生に勝つ方法を漫画のセリフを通じて教えてくれます
  • 名言から些細なシーンで私たちの人生に勝つヒントが詰まっています

 

著書は漫画「SLUMDUNK」のシーンやセリフから

私たちの人生の勝ち方を落とし込んだ作品です。

 

あの名言・名シーンから些細なシーンまで紹介されています。

 

少しだけ、内容をご紹介します。

SLUMDUNK31巻のワンシーンです。

山王戦の終盤で、主人公の桜木花道が背中の故障で、ベンチへ下がって選手生命が危ぶまれたシーン。

そこで花道は、「オレは今なんだよ!」と言ってコートに

戻っていくシーンです。

 

わかる人はわかると思います(笑)

そこから何が人生の勝ち方が見えるのか?

 

それは、「いまに生きている」ということです。

過去に外したシュートや選手生命を奪われる将来。

過去の後悔や将来に対する不安が誰しもあると思います。

 

しかし、そこにフォーカスするのではなく、

いつも「いまこの瞬間」すべきことを意識することです。

 

プロゴルファー タイガーウッズ選手のコーチがこんなことを言っていました。

「すべてのスポーツ選手にとって最も大切なことの1つは

 常に一瞬一瞬”今”に集中することである」

これは、スポーツ界だけでなく人生においても同じではないでしょうか?

 

やりたいことを後回しにして、結局やらないことが多々あると思います。

みんな人生は永遠にあるものと当たり前に思っているかもしれません。

しかし、それは違います。

人生はいつ終わりがくるかわかりません。

 

やりたいことを後回しにせず、いまここを生きていきましょう。

そうすれば、きっと良い方向へ向かうと思います。

 

 

<よこがくの感想>

これを読んで、漫画を読みたくなりましたね(笑)

 

著者自身もSLUMDUNKの大ファンです。

だからこそ、府に落ちる内容となっています。

さらに、SLUMDUNKの著者 井上雄彦さんも推薦している本です。

 

SLUMDUNKはスポコン漫画ではないです。

読めば、

「このシーンではこんな捉え方があるのか」

と見え方が変わってきます。

 

本書を読んだ後に、漫画を読むと印象が全然違うと思います。

 

ぜひ本書を読んでみてください。

そして、読んだ後に漫画を読んでください。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

本書と出会ったのは、たまたま本屋へ寄ったときでした。

そのときにふと目に入った瞬間に、「絶対面白い本だろう!」

と思って即買いをしました。

読んだら、大正解でした。

こういう本の出会いがあるんだなーと思った思い出の一冊です。

今日、投稿してから改めて読みたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA