「大富豪アニキの教え」を読んで

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから104回目の投稿です!

今夜、都内で雪が降るみたいですね。

最近、雪が降ることが多いですね。

見方を変えれば、数十年前の日本の姿に戻ってきた。

はたまた、異常気象か...

異常気象と考えるならちょっと地球がヤバいんじゃないか!?って思ってしまいますよねー

私も心配です。

でも、いま心配しても仕方ないですよね(笑)

なるようになるしかないです!

今後に注目です!!

今日は「大富豪アニキの教え」を読んだ感想について書いていきます。

結論としては、「人生を変えたいならそれだけの代価を支払う必要がある」です。

流れは、

  • おすすめポイント
  • 本の要約
  • よこがくの感想

です。

 

<おすすめポイント>

本書のおすすめポイントは、

  • バリで資産を計算できない男からお金持ちになれる方法を学ぶ
  • ビジネス書だが、小説のようにストーリー性があるので読み飽きない
  • これをやればお金持ちになれるとは限らないが、お金持ちのマインドは手に入る

 

 

<本の要約>

本書について簡単にご紹介します。

  • 2012年に丸尾孝俊さん(通称:アニキ)著作で出版
  • 31歳のダメサラリーマンがバリ島に住むウルトラ大富豪アニキに出会う
  • そこで、25の教えをこうて、人生の逆転を目指す

 

著者のアニキは、バリ島で

・関連会社29社を所軒し、従業員は5,300名以上

・自宅は25軒

・土地は800ヘクタール(東京ドーム170個分)を所有

 

いわゆる大富豪と呼ばれる人です。

(著書の作者紹介で書かれていたのを引用したため、現在はもっとすごいことになっているかもしれません)

 

本書はアニキがここまで登りつめた成功法を25個紹介しています。

その成功法の中からよこがくが響いた教えを3つ紹介します。

 

相手を自分ごとのように大切にする心

自分のことばかりに目を向けていると、自者貢献になってしまう。

いわゆる、自分が幸せになれば良いということ。

世の中は、誰かのため(他者貢献)で成り立っている。

成功したいなら、まずはそのマインドを変えることから始める。

 

常に「失敗」と共にあることで成長する

成功より失敗から学ぶことの方が多い。

何かに挑戦するときには、失敗はつきもの。

その失敗を恐れてはいけない。

むしろ、「よっしゃー!」と歓迎するくらいの気持ちが良い。

 

人は鏡

相手の面倒を見れば、必ず同じようなことが自分に返ってくる。

周囲にいる人にいまやっている行動は、いつか何らかの形で自分に返ってくる。

良くも悪くも。

1度、接し方を見直してみてはどうでしょう?

 

 

<よこがくの感想>

本書の内容は、正直めちゃくちゃぶっ飛んでいます(笑)

ここでは紹介はしませんので、興味がある人は実際に読んでみてください。

 

著書のプロフィールを見ると、最初から恵まれていたわけではありませんでした。

幼少期は食べるものに困るくらい極貧だったようです。

中学卒業後はすぐに仕事をして、職を転々としいまに至るようです。

 

お金持ち・成功者と呼ばれる人は、ラクしてその地位に登りつめたわけではない。

いろんな失敗を繰り返し、その中で学び成功を収めています。

 

そして、お金持ち・成功者と呼ばれる人は、「神様」や「人とのつながり」を大切にしていること

これは、私がいろんなお金持ち・成功者の本を読んで感じました。

神様に毎日感謝をしたり、定期的に神社へお参りに行く。

他人のことを自分のことのように大切にする。

 

あなたも人生を変えたいと思っているようでしたら、本書はおすすめです。

ぜひ、読んでみてください(^^)

 

 

また、著書のアニキを題材にした映画(2015年公開)があります。

出演は、堤真一さん、尾野真千子さん

こちらも面白いので、ぜひ観てみてください♪

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

この本を読むとわかりますが、かなりぶっ飛んだ内容です。

教え以外にもアニキの普段の生活などもです。

でも、著書に書いてあることの99%は事実で1%は嘘と書いてあります。

その嘘は、物語の主人公のダメサラリーマンの存在。

それ以外は全て真実だそうです。

...これを読んで私はアニキに会いたくなりました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA