「THE TEAM 5つの法則」要約と感想

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから206回目の投稿です!

ここ最近、夏場のような気温と天気ですねー

今日も暑かったです(汗)

梅雨前に夏バテしそうですね(笑)

すでにしている人は要注意です!

こまめに水分補給を心がけましょう。

また、屋外でのマスク着用はしなくても良いと政府も言っています。

我慢せず、無理せず過ごしましょう!

今日は「THE TEAM 5つの法則」を読んだ感想について書いていきます。

結論としては、「個の力が必要になってきたからこそ、チームワークが重要」です。

流れは、

  • おすすめポイント
  • 本の要約
  • よこがくの感想

です。

 

<おすすめポイント>

本書のおすすめポイントは、

  • チームワークがいかに重要なのか
  • チームを上手に活用できれば、目標に向かって効率的に結果が生まれる
  • 最近、昇格・チームリーダー、後輩ができた人にオススメの本

 

 

<本の要約>

本書について要約していきます。

 

  • 著者:麻野耕司さん
  • 2019年に書かれた本
  • 気鋭のコンサルタントとして、名だたる成長企業の組織変革を手掛ける著者
  • チームとグループは違う
  • チーム作りによって、生産性や成果が変わる
  • チームをまとめる人は、メンバーとのコミュニケーションを大事にする
  • メンバーやチームの感情をいかに動かすかが重要

 

著者は、組織人事のスペシャリスト。

これまで数々の企業を上場に導いてきた。

それは、チーム力の向上がカギとなっている。

 

みなさんは、チームとグループの違いを説明できるだろうか?

本書では、このように書かれている。

 

チーム:共通の目標を持った2人以上のメンバーがいる集団

グループ:2人以上の人間が集まって活動するだけの集団

 

仲間と飲みに行ったり、スポーツをするのは、グループですね。

一方で、チームは共通の目標(売上○○円を目指す、甲子園を目指すなど)があります。

 

そして、目標が適切に設定されているチームが、良いチームとされています。

また、目標設定はチーム状況などを見て適宜見直す必要もある。

そして、良いチームは生産性向上や成果が出ます。

 

良いチームを作るには、メンバーのモチベーション管理も重要になっていく。

メンバーがいまどんなモチベーションなのかを、チームリーダーは観察する必要がある。

そのための効果的な方法は「1 on 1 コミュニケーション」です。

つまり、1:1の会話です。

そこで、リーダーとメンバーの相互理解や心理的な状況をリーダーを把握します。

さらに、リーダーはやる気や感情を共有するとメンバーへの影響力が高くなり、モチベーションを維持できる。

 

 

<よこがくの感想>

経営者は、リーダーと同じ立場であるのでわかると思います。

しかし、チームのメンバーとなっているサラリーマンにも読んでほしいのはなぜでしょうか?

 

それは、リーダーがこんなことを考えてチームをまとめているということがわかるからです。

そうすると、リーダーが考えていることがわかり、それを先回りして対応することができます。

裏リーダー的なポジションにもつけて、経営なども勉強できると思います(笑)

また、自分が将来チームを持つことがあったときにも活かされます。

 

読んで損はない内容です。

最近、昇格・チームリーダー、後輩ができて、チーム作りに困っているリーダー、はぜひ読んでみてください。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

著書を読んで、衝撃的でめっちゃ納得いったのが、「チームとグループ」の違いでした。

意識して使い分けていなく、何となく曖昧に使っていました。

しかし、これを知って全然意味が違うことがわかりました!

これは、ぜひいろんな人に共有したい!!

どや顔にならないように気をつけよう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA