えんとつ町のプペルを観て

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから84回目の投稿です!

昨日からだいぶ身体の方が回復してきました。

熱も平熱に戻り、鼻水も出なくなりました。

喉も飴とガムを食べていたおかげて、痛みが無くなりました。

少しダルさが残っていますが、これは次第に治っていくでしょう!

心配してくださったみなさん、ありがとうございました!!

そして、ご心配をおかけしましたm(_ _)m

今日はアニメ映画の紹介です。

「えんとつ町のプペル」を観た感想を書いていきます。

結論としては、「子供がいる家庭でしたら、一緒に観て楽しめる作品です。

流れは、

  • えんとつ町のプペルとは
  • みどころ
  • 感想

です。

 

 

<えんとつ町のプペルとは>

簡単に紹介したいと思います。

参照はWikipediaです。(こちらをクリック

  • 2020年にアニメ公開された
  • 原作は、西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」
  • キャストは、窪田正孝さん、芦田愛菜さん、立川志の輔さんなど

 

舞台は、えんとつだらけで空が煙に覆われた町

町の住人は煙の向こうに何があるのかを知らない。

そんな町にルビッチという少年がおり、煙の向こうには星が存在すると信じていた。

あるハロウィンの夜、ゴミの中から生まれたゴミ人間 ハロウィン・プペルとルビッチは出会う。

そこから、星を見るためにある計画を立てる。

はたして、ルビッチとプペルは星を見ることはできるのか?

ラストに、この町は煙に覆われた理由が明らかになる。

そして、プペルの正体は?

 

いまマルチに活躍している西野亮廣さん

2011年、あることがきっかけで絵本を制作する。

そこから5年をかけて絵本を完成させる。

そして、アニメ映画製作が決定した際

「この作品でディズニーを超える」

と言っていました。

 

あのディズニーを超えようとする作品ってどんなの!?

って気になりませんか?

 

 

<みどころ>

みどころはこの3つです。

絵がめちゃくちゃ綺麗

絵がすごく綺麗でした。

細かいところまで綺麗に描いていて、観ていて最後まで飽きることはありませんでした。

 

キャスト人が豪華

キャスト人は誰もが聞いたことがある人ばかりです。

窪田正孝さん、芦田愛菜さん、立川志の輔さん、小池栄子さん、藤森慎吾さん、宮根誠司さん、大平祥生(JO1)さんなど

そして、相方の梶原雄太さんも出演しています(笑)

 

プペルとえんとつ町の正体について

これが、本作の1番のみどころではないのかと思っています。

プペルはなぜ生まれ、ルビッチの前に現れたのか?

 

そして、えんとつ町がなぜ煙に覆われた町になったのか?

これは、いまの日本の現状と似ているかも...

と観終わって思いました。

これ以上はネタバレになるので、控えておきます。

 

 

<感想>

観終わって、子供がいる家庭でしたら、一緒に観て楽しめる作品だなーと思いました。

キャラクターも愛着があり、子供が好きそうな作品だと思いました。

 

辛口なコメントを言うと、内容はめちゃくちゃ薄いです。

それをカバーするように、キャスト人を豪華にしたって感じました。

「この作品でディズニーを超える」

と言ってた割には残念な感じでした。

これは、長い目で見てあげる必要があるなーと思いました。

 

子供がいる家庭でまだ観ていない人は、子供と一緒に観てみてください☆

 

また、アマゾンプライムビデオに入っていない方は、いまなら30日間無料体験中です!

プライム・ビデオ 30日間無料体験

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

アニメ映画制作を初めてやった作品と言われれば、そうだよなーって感じの作品です。

この絵本だけでディズニーを超えるのは、難しいかもしれません...

西野亮廣さんの才能や実行力は、ずば抜けているのでいつか超える日が来るかもしれません!

これから、いろんな作品を出していったら、いつかはあると信じています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA