サウナの魅力

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから77回目の投稿です!

昨日、新型コロナウイルスの感染者が都内だけで1万1,227人発表されました。

この数字を見て皆さんはどう思いますか?

数字だけ見るとヤバいと思いますよね!

その気持ちはわかります。

ただ、この数字を見てみるといかがでしょうか?

重症者12人、死亡者3人

重症者の年代は不明ですが、死亡者は60~70代の男女です。

基礎疾患があったかは不明です。

インフルエンザと同じ感じがしませんか?

感染者が1万人以上になったからと言って不安になることはありませんよ。

政府やメディアが過剰に言っているだけです。

それでも、感染しないことに越したことはありません。

感染予防と手洗い、うがいの徹底を今後もしていきましょう。

今日は、「サウナの魅力」について書いていきます。

結論としては、「サウナは思考や身体をリセットでき、体調管理に適している」です。

流れは、

  • なぜサウナが良いのか?
  • 流行っているわけ
  • サウナの入り方

です。

 

 

<なぜサウナが良いのか?>

最近、雑誌や本、テレビでサウナが流行っていますよね。

なぜ、こんなにサウナが良いとされいるのでしょうか?

 

それは「整う」からです。

サウナを体験したこと無い人からしたら、「整う」ってなんだよって感じですよね(笑)

よこがく的解釈ですが整うは、「頭や身体がリセットされる」です。

 

サウナは90~100度近いサウナ場所から15~20度くらいの水風呂に入ります。

その時に、脳や身体の血管が伸縮されます。

そして、休憩をすることで血管が元の形に戻ろうとします。

イメージとして、身体内部で全身をマッサージされている感じです。

マッサージを受けると気持ちいい感覚が、全身を一気に体験できるのです。

 

 

<流行っているわけ>

そして、なぜ流行っているのかは、以下の通りと考えています。

  • 新型コロナウイルスの影響でのストレス発散
  • デジタルデトックス

 

新型コロナウイルスの影響で、旅行や友人と会うことができなくなり、日ごろのストレス発散場所が減りました。

そのストレス発散場所として、サウナを使用する人が増えたと思います。

最近は、個室のサウナや野外専用のサウナ室が出たのも流行に拍車をかけたと思います。

 

デジタルデトックスは、最近情報社会となってきています。

どこへ居ても情報が入ってきます。

スマホや電車の広告、街の広告板など。

 

サウナでしたら、スマホを持ち込むことは無く一時的に情報をシャットダウンできます。

ときどき、テレビがあるサウナ室もありますが、無いサウナ室もあるので安心してください。

さらに、スマホを見ることが無いので、誰にも邪魔をされることがなく、考え事もする時間を確保できます。

最近では、経営者さんにもサウナを利用する人が増えていると聞いています。

まさに、これがあるからだと思います。

 

 

<サウナの入り方>

サウナの入り方は人それぞれあります。

ただ、サウナ―の人たちはこんな感じで入っているという目安と思ってもらえれば良いです。

これが絶対ではありません。

  1. 身体を洗う
  2. 身体の水分をタオルでふき取る
  3. サウナ室へ行って座る(8~10分)
  4. サウナ室へ出てシャワーやかけ湯で汗を流す
  5. 水風呂へ入る(30秒~1分)
  6. 身体の水分をタオルでふき取り、15~20分くらいベンチなどで休憩
  7. 3~6を繰り返す(2~3セット)

 

以上のことを、絶対守らないといけないわけではありません。

人によっては、水風呂が苦手という人もいます。

その人は、ぬるいシャワーを浴びるでも良いです。

時間も短くても良いです!

 

また、心臓が悪い方や病気を持っている人は、サウナはやらないでください。

命にかかわる可能性があるからです。

本投稿で、少しサウナに興味を持ってもらったらぜひチャレンジしてみてください!!

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

<あとがき>

私のサウナデビューは3年前でした。

サウナ活動をしたことで、身体の調子も良くなり、頭もスッキリできました。

それによって、日々の生活や仕事のパフォーマンスが上がりました!

最近はあまり行けてないですが、昔は週2くらいで行っていました!!

しかも、経営者もやっているということは、サウナをすることで経営者に一歩近づくとも思っています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA