ゼロ秒思考を読んで

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから69回目の投稿です!

今日は大学入試センター試験ですね。

私が偉そうなことは言えませんが、一言申します。

受験生の皆さん

いま数分だけ目をつぶってみてください。

いままでやってきた1年、もしくはそれ以上のことを思い出してみてください。

大変なこと、くじけそうなことがあったと思います。

残念ながら、「努力は必ず報われる」は世の中の人全員には当てはまりません。

ですが、いままでやってきたことは無駄ではありません。

それを自信に変えて、やってきたことをこの2日間にぶつけてください。

結果はどうであれ、全力を尽くせは後にそれが自分に返ってきます。

後悔の無い2日間にしてください!

今日は、「ゼロ秒思考」を読んだ感想を書いていきます。

結論としては、「考えが整理され、気持ちが楽になる」です。

流れは、

  • おすすめポイント
  • 本の要約
  • よこがくの感想

です。

 

 

<おすすめポイント>

本書のおすすめポイントは、

  • 誰でも簡単にでき、効果は絶大
  • 頭の中が整理され、気持ちが楽になる
  • 誰にも見られることが無いため、悪口や愚痴を気にせずかける

 

後ほどやり方を説明しますが、準備するもの・やることはシンプル。

そして、効果は絶大です。

 

 

<本の要約>

本書について簡単にご紹介します。

  • 2013年に出版
  • 著者は14年間、外資系大手コンサルのマッキンゼーで活躍
  • その活躍を支えた独自メソッド「ゼロ秒思考」を紹介
  • 累計34万部以上発行

 

ここではマッキンゼーについて詳しく説明しませんが、外資系コンサル業界では大手企業です。(詳しくはこちらをクリック

外資系ですと、実力主義の世界です。

さらにコンサル業界ですと、さらに厳しい世界です。

そこで14年間も活躍された著者の思考の整理方法を書いてあります。

 

そのやり方を簡単に説明します。

まず、用意するものはこちらです。

  • A4の紙
  • ボールペン
  • バインダー

文房具屋へ行けば変えますし、100均やAmazon・楽天でも入手でき、1,000円もしないで購入できます。

 

次にやり方を説明します。

  1. A4の紙をバインダーに挟み、クリップを左側(もしくは右側)に置く
  2. いま思っていることをタイトルにして、紙の左上に大きく書く
  3. それについて、頭に浮かんだことを箇条書きで4~6個書く
  4. 書く時間は1分以内(最初は1分たったらやめる)

 

たったこれだけです。

簡単ではありませんか?

 

「でも、タイトルって何にすればいいかわからない」

という方もいると思います。

一例をあげると

「今日1日で私ができたこと」

「会社の○○さんの気に入らないところ」

「今日イライラしたこと」

です。

 

一番の特徴が、「誰にも見られることが無い」です。

なので、自分が思うがまま書いて大丈夫です。

上司のことも呼び捨てにしたり、悪口や愚痴を書いても良いです。

 

「愚痴や悪口を言いたくない」という人もいると思います。

私もその1人です。

「愚痴や悪口を言う人=嫌な人」という印象があり、なかなか言えませんでした。

ただ、それをそのまま自分の中に抱え込んでいるといつかどこかで爆発してします。

言うのがイヤなら、書いてはきだしてしまえば良いのです。

だって、誰にも見せないので嫌な人と思われる心配が無いからです(笑)

 

 

<よこがくの感想>

私は半年くらい続けていますが、めちゃくちゃ効果はあると思っています。

何より、自分に嘘をつくことがなくなり自信がつきました!

 

「その日起こった出来事で良かったところ」「イライラしたこと」「今日は何をするか」などさまざま書いています。

それによって、頭が整理され余計なことを考えなくなりました。

それを数か月後にそのメモを見返すと、「あの時はこんなこと考えていたんだなー」って思い自己成長を感じることができました。

 

これは、私の生活に欠かせない習慣になってきています。

本書では、この他に書いた紙の保管方法や書き方・タイトルの例などが書いてあります。

気になる方は読んでみてください!!

 


 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

<あとがき>

この方法は、私が投稿する度に実践しています。

それによって、書く時間が最大で30分くらい短縮されました!

頭で考えるより書いて見える化することで、書きながら構成を考えることが無くなり効率的になったと思います。

この方法は、死ぬまで続ける予定です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA