ルビンの壺が割れたを読んで

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから97回目の投稿です!

今日、都内の最高気温は8℃、最低気温は-1℃です。

気温差が9℃です。

まだまだ厳しい寒さが続きます...

こういう時こそ、体調管理に気をつけていきましょう!

暖かい恰好をしたり、温かい食事をして過ごしてください。

今日は、「ルビンの壺が割れた」を読んだ感想を書いていきます。

結論としては、「読み終わったあと、本当に壺が割れた」です。

流れは、

  • おすすめポイント
  • 本の要約
  • よこがくの感想

です。

 

<おすすめポイント>

本書のおすすめポイントは、

  • 読みやすいので、読書初心者におすすめ
  • いままでの小説とは別ジャンルで読んだことが無い内容だった
  • ラストが衝撃的

 

 

<本の要約>

本書について簡単にご紹介します。

  • 2017年に宿野かほるさん著作で出版(本作が作家デビュー作)
  • 突然、元カレからSNSでメッセージがくる
  • SNSでの邂逅から始まったぎこちないやりとりは、徐々に変容を見せ始める
  • そして、誰もが予想しなかったことがラストに起こる

 

著者の宿野かほるは、これが作家デビュー作品です。

私は、住野よるさんの「君の膵臓をたべたい」を読んだ以上の衝撃を受けました。

(君の膵臓をたべたいの要約はこちらをクリック

 

そして、プロフィールが非公開の仮面作家

あまりにも衝撃的な作品だったので、ネットでは、

「有名な作家が名前を変えて書いたのでは!?」

と憶測がありますが、いまだに謎のままです。

 

本作はSNSのダイレクトメール(DM)のやりとりを小説にした作品です。

なので、「いまは元カレの話なんだ!」や「元カノの話だ!」と切替わりがはっきりしていて読みやすいです。

 

そして、話の展開や変わり方がスゴイ!!

まるで、ジェットコースターに乗っているような感覚です。

特に後半なっていくと、もう読む手が止まらないこと間違いありません。

 

 

<よこがくの感想>

私が読んで思ったのが、まさにラストの終わり方でした。

読み終わった後、本当に壺が割れたような感覚に陥りました。

読み終わったあと、1分くらい放心状態でした(笑)

 

「最近、本を読むのに飽きてきた」

「今年から読書を始めようと思うが、何から読めば良いかわからない」

という人はおすすめの作品です。

絶対に期待を裏切らない作品です。

 

興味がある方は読んでみてください。

 


 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

5年前に読んだ作品ですが、いまでも読んだあとの衝撃は忘れられません。

ネタバレをしても良いのですが、本を読んで知ってほしいですね!

特に今回紹介した作品は!

本作は、万人受けする作品!!

...だと思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA