人生の選択に迷ったときの解決策

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから98回目の投稿です!

今日、2月7日は長野の日です。

長野の日って何ぞ!?やって思いますよね(笑)

いまから24年前(1998年)の今日、長野冬季オリンピックの開会式が行われました!

そして、昨日スキージャンプの小林陵侑選手が見事、金メダルを獲得しました!(記事はこちら

おめでとうございます!!

今大会、日本勢初の金メダル!

日本人が活躍しているニュースを聞くとテンションが上がりますねー

にしても、冬季オリンピックの盛り上がり方が例年より欠けている気が...

外交問題とかなのかなー

でも、選手には関係ないことなので、とにかく自分のことに集中してもらえればうれしいです!

今日は、「人生の選択に迷ったときの解決策」を読んだ感想を書いていきます。

結論としては、「自分が後悔しない方を選ぶ」です。

流れは、

  • 人生の選択に迷ったとき
  • 解決策
  • よこがくの体験談

です。

 

 

人生の選択に迷ったとき

私たちは大なり小なり、日々選択をしています。

 

「今日のランチは何を食べようかなー」

「AとBの服、どっちを買おうかなー」

「飲み会に行くか行かないか?」

 

 

以前、「神さまとのおしゃべりを読んで」の投稿で、「迷っているということは、実はどっちでもいい」と書きました。

たしかに、これはこれで間違ってはいません。

ただ、これは日常生活の選択です。

 

ビジネスや人生が左右されるときの選択は違います。

 

「この仕事をするかしないか」

「会社をやめて独立するか」

「ある人からビジネスを誘われていて、やるかやらないか迷っている」

 

こういうときは、どっちでもいいでは済まされません(笑)

 

<解決策>

では、どうすれば良いでしょうか?

本とかセミナー、YouTubeの成功者の動画では

 

「とりあえずやってみることが良い」

「難しかったり、大変な方を選ぶ」

「やらないで後悔よりやって後悔」

 

などと書いてあったり、話をしていたりしていますよね。

これはこれで、間違っていないと思います。

その人たちの経験談から述べていますので。

これには私も同意します。

 

私は月10冊の本や毎日YouTubeでビジネス系の動画を観て思ったことがあります。

「人生の選択が迫ったときは、自分が後悔しない方を選ぶ」

 

結局、選ぶのはあなた自身です。

友達や先輩から「一緒にやろう!」と言われようが、最終的に選ぶのは自分自身です。

 

なので、自分が後悔しない方を選んだ方が良いです。

「これをやる時間がない」

「お金がない」

という場合もありますが、それが理由で後悔しなければ問題ありません。

でも、それを理由にやらない人は、ほとんど後悔していると思います。

 

 

<よこがくの体験談>

ここで、私の体験談を少しお話したいと思います。

私は、人生やいろんな選択をするときに心がけていることがあります。

それは、

「選択が来た瞬間、心が動いた方を選ぶ」

です。

 

いわゆる直感を信じるってやつです(笑)

これが意外と良い方向に進んでいます。

 

以前、ネットワークビジネスをやっていたことがあります。

このときも話が出てきたときに、直感的にやろうと思いやりました。

結局やっていて苦痛で仕方がなかったため、半年で辞めてしまいましたが...

でもこの経験は、いまお手伝いをしている知り合いの会社の仕事に活かされています。

知り合いの会社の仕事を手伝うっていうきっかけも、ネットワークビジネスをやっていて知り合った人でした。

その話が出てきたときも、「これは面白そう、やろう!」と思い手伝うことを決めました。

いまでは、めちゃくちゃ面白くて時間を忘れてしまうくらいに作業に没頭しちゃっています(笑)

 

また、あるときは知り合いから「○○というセミナーがあるんだけど、よかったら一緒に行かない?」と誘われました。

一瞬、行こうかと思いましたが、講師の名前や経歴を見て少し心がざわつきました。

ちょっと調べてみたら、評判はあまり良くありませんでした。

結局、そのセミナーに行くのは断りました。

 

このように、直感って意外と良い方向に行くんだなーと思いました

なので、私は人生の選択が迫ったときは、話の聞いた瞬間の自分の直感を信じるようにしています。

それが、誤った選択でもです。

誤った選択でも死ぬわけではないので、ヤバいと思ったらその場から逃げれば良いだけですから。

 

少しでも私の体験談が参考になってくれたら嬉しいです。

最後に、全国展開をしているマッサージ店「りらくる」を1代で気づいた竹ノ内教博さんの言葉で締めたいと思います。

これは、私の心にめちゃくちゃ刺さった言葉です。

 

「苦や恥をかきたくないために、いまのラクをとることは、自分の将来の夢が削られる」

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

最後の竹ノ内教博さんの言葉の補足を簡単にしますね!

一言でいうと、「ラクをして成功や自分の夢を叶えることなんてできない」ということです。

成功するには、それに見合った代価が必要です。

代価とは、時間だったりお金など人やその場面によって変わってきます。

目の前のラクばっかをとり続けると、それが癖になりのちのち後悔することになるでしょう。

おおげさに言うと、自分が死ぬときに人生を振り返って良い人生だったのか?、あのときやっておけばよかったと後悔する人生だったのか?

を想像したときに、いまの自分がどう思うかです。

成功や自分の夢を叶えるには、多少なりとも痛みが伴います。

それが良いという人もいるので、強くは言いません。

ただ、私は絶対叶えたい夢があるので、いまそれ相応の代価を払っているつもりですけどねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA