君と会えたからを読んで

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから173回目の投稿です!

昨日の都内はめちゃくちゃ暑かったですね。

最高気温が26℃まで上がりました。

春を通り越して夏ですよ(笑)

街でもTシャツで過ごしていた人が多く見られました。

今日もそのくらいまで上がるそうです。

体調管理には気をつけてお過ごしください。

このご時世でマスクをすることが多いので、マスクの中が蒸れたり、脱水症状を起こしやすいです。

こまめな水分補給を心がけていきましょう。

今日は「君と会えたから」を読んだ感想について書いていきます。

結論としては、「明日があることが当たり前に思わず、いまできることはいまやる」です。

流れは、

  • おすすめポイント
  • 本の要約
  • よこがくの感想

です。

 

<おすすめポイント>

本書のおすすめポイントは、

  • 青春小説のような感じだが、自己啓発書の内容が盛り込まれたいままでになかった作品
  • 平凡な高校生の恋心が描かれ、キュンキュンする場面が多数
  • 自己啓発書を読みたいが苦手な人にオススメの作品

 

 

<本の要約>

本書について要約していきます。

 

  • 著者:喜多川秦さん
  • 2006年に書かれた本
  • 舞台は高校2年生の夏休み
  • 平凡な男子高校生がある日、美しい女の子と出会う
  • 男子高校生は将来に対する不安を抱えており、それを彼女に話した
  • そしたら、彼女は父親から学んだ素晴らしい人生の送り方を教えてもらう
  • 教えてもらい実行し、それを報告するを繰り返していく内に、彼女に恋心を抱く
  • しかし、彼女にはある大きな秘密があった
  • もし「明日」が無限にあるわけではないとしたら、あなたは「今日」をどう生きますか?

 

全く新しいジャンルだと思います。

 

高校2年生の男子の夏休みのお話です。

将来に対する不安を抱えており、漠然と日々を過ごしていた。

そんなときに、自分の目の前に美しい女の子と出会う。

 

将来に対する不安を会ったばっかりの彼女に話したら、彼女の父親から学んだ素晴らしい人生の送り方を教えてもらうことになった。

教えてもらったことを実行していくにつれて、彼自身にも気持ちの変化が変化が現れてきた。

それは、生き方もそうだが、彼女への恋心をそれに比例していった。

 

しかし、彼女にはある大きな秘密があった。

それを知ったとき、彼はある行動をとる。

果たして、その行動とは?

そして、彼女の秘密とは何なのか??

 

もし「明日」が無限にあるわけではないとしたら、あなたは「今日」をどう生きますか?

 

 

<よこがくの感想>

本書は、自己啓発といえば自己啓発ですし、青春小説といえば青春小説です。

そして、めっちゃ感動して、ラストは泣きました(笑)

本書は、7年前くらいに読んだ作品なのですが、いまでも内容と当時の心境が忘れられないです。

 

もし「明日」が無限にあるわけではないとしたら、あなたは「今日」をどう生きますか?

 

この言葉が、本書のキーワードです。

自己啓発本では良く言われている言葉ですが、まさにその通りです。

 

生き物は、いつか死にます。

人間も生き物なので、いつか死にます。

それが今日かもしれませんし、明日かもしれません。

生きていることが当たり前と思わず、後悔しない日々を過ごしたいですよね。

それを気づかせてくれる作品です。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

本書は、ホントおすすめ!

これを書いていたら、また読みたくなりました(笑)

いまKindle unlimitedで無料で読めるので、また読み直そうかなー

そのくらい面白い作品です。

本は当時読んだときと時間が経ってから読むとでは、感じ方が違います。

そこが本の面白さなんですよね♪

なので、本は絶対に読んだ方が良いですよー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA