学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話(ビリギャル)要約と感想

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから209回目の投稿です!

今日はめちゃくちゃ暑いですねー。

全国で30℃近くまで上がっていました。

もう夏(笑)

半そで短パンで過ごせましたね。

梅雨と通り越したような感じ(笑)

暑いけど、日差しがあると「気持ちいいー」って思いませんか?

曇りや雨よりは日差しガンガンある方が私は嬉しいです♪

今日は

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話(ビリギャル)」

の要約と感想について書いていきます。

結論としては、「人間、誰もが無限の可能性があり、何にでもなれる」です。

流れは、

  • おすすめポイント
  • 本の要約
  • よこがくの感想

です。

 

<おすすめポイント>

本書のおすすめポイントは、

  • フィクション作品では!?と思わせるような衝撃内容
  • 人間、誰もが無限の可能性があり、何にでもなれる
  • 勇気をもらえる本
  • これから何かに挑戦しようとしている人、受験生におすすめの作品

 

 

<本の要約>

本書について要約していきます。

 

  • 著者:坪田信貴さん
  • 通称:ビリギャル
  • 2013年に書かれたノンフィクション作品
  • 素行不良のギャルであり、高校2年生で小学4年生程度の学力しかなかった少女
  • そんな少女を著者の個別塾の指導を受けつつ、周りと助け合い学力偏差値を上昇させていく
  • 最終的に、慶應義塾大学に現役合格するまでを描いた話
  • 累計発行部数は100万部を超える作品
  • 2015年に有村架純主演で実写映画化

 

実話をもとにした話です。

高校2年生で小学4年生程度の学力しかなかったギャル少女が、

慶應義塾大学に現役合格するまでを描いた作品です。

高校2年生での偏差値が30以下。

慶応義塾大学の偏差値が70前後。

2倍以上の偏差値を上げないといけません。

 

普通なら、無理と言って諦めてしまうと思います。

しかし、少女は著者の個別塾の指導を受けたことで見事に合格した。

他にも、明治大学、関西学院大学に合格しています。

 

なぜ、合格できたのか?

そこには、指導方法や周りの支え、少女の負けず嫌いな性格などがあります。

高校2年生から大学合格までの約2年間を描いたノンフィクション作品です。

本書は、少女の挫折や葛藤なども描かれています。

「本当にノンフィクション作品?!」って思う作品です。

 

また、2015年に有村架純主演で実写映画化されております。

 

 

<よこがくの感想>

読んでいて、高校2年生でこんな回答をするんだってついつい笑ってしまいました(笑)

 

読んでいて、3つのことがわかりました。

  • 人間、誰もが無限の可能性があり、何にでもなれる
  • 何事も行動することが大事
  • 諦めずに最後までやり続ける

 

一見、当たり前のように見えますが、出来ない人が多いです。

私もその1人です。

頭ではわかっていますが、なかなか行動に移せないし、やり続けることが多いです。

 

人間は、何か新しいことを始めようとしたりすると、

脳が勝手に不安を煽ってしまいます。

これは、生存本能が働いてしまうので仕方ありません。

だからこそ、それを乗り越えてやることで、新たな景色が見えます。

そして、そこから自分の可能性がどんどん拡がります。

 

人間、生まれてからいつからでも何にでもなれます。

「私なんて...」

「もう歳だし...」

それは、ただ失敗するのが嫌なだけです。

失敗からしか学べないことが多々あります。

 

私も失敗するのは、大っ嫌いです(笑)

ですが、何もしないことはもっと嫌いです(笑)

なので、自分のできる範囲で飛び込んだり、期限付きで続けるようにしています。

 

それを著書で改めて実感することができました。

気になった人は、ぜひ読んでみてください☆

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

著書の内容は賛否両論あります。

個人的には、賛否両論はあるものとして、

両方の視点から著書を読めばいいかと思います。

賛同できるところは、それをマネすれば良いです。

逆に否定的な内容は、こういうこともあるんだと思えば良いです。

どんなものでも、陽と陰、光と影が存在します。(表裏一体)

それは、人間も同じかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA