日本の医療制度について

 

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから63回目の投稿です!

最近、新型コロナウイルスの感染者が急増してきまいたね。

オミクロン株の影響が日本にも来ている感じですね。

勘違いしている人もいらっしゃると思いますが、ワクチンを接種したから感染しないというわけではありません。

ワクチンは、予防薬で重症化リスクの軽減が目的です。

そのため、「ワクチンを接種したからもう安心」というわけではありません。

治療薬ができない限り、新型コロナウイルスの脅威から抜け出せません。

今後も手洗い・うがいをしっかり行い、感染対策をしていきましょう!

今回は、日本の素晴らしい「医療制度」についてお話します。

前回、保険について書きまた。(こちらをクリック

その続きです。(遅くなりましたが…)

それは、高額治療費制度や医療費控除制度です。

流れとしては、

  • 高額医療費制度とは?
  • 医療費控除制度とは?
  • 保険の見直しのススメ

です。

 

<高額医療制度とは?>

高額治療費制度とは、1か月に支払う医療費が高額になった場合、一部が払い戻される制度です。

対象となる医療費は下記のようになります。

  • 1つ医療機関において、その月の支払額が21,000円以上になる。
  • 1つの医療機関であっても、歯科、医科、入院と外来は分けて計算する。

 

ただし、70歳以上であれば関係ありません。

また、自己負担の上限額は年齢と所得で決定します。

 

これだけでは、イメージしづらいですよね(笑)

たとえば、月30万円の収入で1か月の総医療費が80万円発生したときの自己負担額は、下の図のようになります。

 

なんと、85,430円です。すごい。

いつ病気になる不安から自分の大切なお金を保険に入って、一生使用しないってなったらなかなか悲しいですよね。

このくらいの金額なら貯金で何とかなりそう。

 

自己負担額限度額の計算は、下記表を参照ください。(全国健康保険協会のホームページ参照)

標準報酬月額って何!?って思いますが、月の給料と思って計算してください。

 

70歳以上もありますが、ここでは割愛します。

70歳以上のことを知りたい方や詳しい申請方法については、全国健康保険協会のホームページを参照してください。

 

 

<医療費控除とは?>

医療費控除制度は、1年間で支払った医療費が10万円を超えるとき、税務署に確定申告することにより、その超過支払い分の医療費が所得税から免除される制度です。

これは、家族の分も含まれます。

10万円って全然使用しないよー、って思う人もいると思いますが、案外いっているかもしれません。

また、家族はいる方は10万円以上を使っている可能性があります。

対処となる医療費は、下の表になります。

 

案外、対象になることにビックリですよね!

レーシング手術は30万円以上かかるので、それだけでも免除対象になります。

医療費が免除される金額(医療費控除額)は、下記のように計算します。

 

医療費控除額 = 医療費の合計 – 保険金で補填された金額 – 10万円

 

保険金は、

  • 生命保険などから支給される給付金
  • 健康保険から支給される高額療養費
  • 出産育児一時金
  • 一部負担還元金
  • 家族療養費付加金

などが含まれます。

 

これはすごい制度だと思いませんか??

自分も最近まで知らなかったです。

 

あと、この医療費控除制度は過去5年分まではさかのぼることができます

5年分をさかのぼるといっても、5年分を合算はできませんので注意してください。

 

 

<保険の見直しのススメ>

それを知った上で自分の保険を見直てみてはいかがでしょうか?

私は、これを知って全ての保険を解約しました。

…あっ、自転車に乗っているので自転車保険(年間3,000円くらい)と賃貸の火災保険に入っています(笑)

 

しかし、保険は絶対入るなと言っているわけではありません。

例えば、家族がいる、お子さんがいる人などです。

自分の生活環境に合わせて保険に入ってください。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

この制度を知っている人は、日本国民の何%が知っているでしょうね。

おそらく、50%も満たないと思います。

なぜ知らないでしょうか?

おそらく、学校でも教えてもらえなかったですし、親がそもそも知らなかった。

あるいは、子供にお金の話をさせないという親の意図があったからかもしれません。

ただ知らないことで損することが多いです。

特にここ日本では。

「知らぬが仏」という言葉がありますが、これは「知れば腹が立ったり悩んだりするようなこと」という意味です。

得なお金のことを知って腹が立ったり悩んだりしますか?

一時的にはあると思いますが(笑)

知識は武器になります。

このご時世、知識が無いと詐欺にあったり、騙されたりします。

これからは知識武装をしていきましょー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA