日本の現状

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから191回目の投稿です。

嬉しいニュースがありました♪

プロ野球で地元球団の楽天イーグルスが11連勝で、田中将大投手が完封勝利を収めました。(記事はこちら

これは嬉しいですねー

去年は田中将大投手がメジャーから戻ってきたことで、優勝が狙えると期待していましたが、不発に終わってしまいました。

しかし、今年は絶好調!!

現在、単独首位!

今年は期待できますねー

今年の楽しみが増えました♪

今日は「日本の現状」について書いていきます。

結論としては、「いまの現状を知り、将来どうすれば良いか考える時間を設けましょうです。

流れは、

  • 日本の現状について
  • 日本の外貨保有率は世界第2位
  • いままでのやり方では日本人は貧乏になる

です。

 

 

日本の現状について

昨日、驚愕のニュースが流れました。

財務省から「国の長期債務が1千兆円を超えた」というニュースです。(記事はこちら

 

債務とは、「特定の人に特定の行為や給付を提供しなくてはならない義務」を示します。

たとえば、あなたが服屋で服を買おうと想像してください。

あなたは「お金払うから服ちょうだい!」と言って、服屋はそれに対してお金を払って貰ったら服を渡すといったことが発生します。

これが債務です。

 

長期債務は「将来返済する必要がある国の借金」です。

先ほどの服屋のたとえで、服(返金)を将来的に渡すから待っていてと言っていることです。

その渡す相手は投資家です。

 

そして、その借金はどのように集めて返済するのでしょうか?

国はモノやサービスを売っているわけではありません。

税金です。

 

要は、国民の税金から少しずつ支払う必要があります。

しかし、日本は少子高齢化による社会保障費の増加や新型コロナウイルス対策で支出が増えています。

そうしますと、返済でできなくなる可能性が出てきます。

 

返済ができないと投資家は、怒り狂うでしょう(笑)

そのために、日本国は増税を進める可能性があります。

国民から取る分を増やせば、返済額は維持できるので簡単なやり方ですよねー

 

でも、そんなことをしたら日本人は怒り狂いますよね(笑)

 

 

日本の外貨保有率は世界第2位

一方で、日本政府の外貨保有率は世界第2位です。(記事はこちら

2021年のデータですが、約1.4兆ドルを日本政府は保有しています。

日本円にすると、約182兆円です。(1ドル=130円で計算)

 

我々日本人のほとんどが円しか所有していない一方で、日本政府は外貨を保有しています。

仮に、円安ドル高が続けば外貨保有している政府は、どんどん円が増えて懐が潤います。

 

一方で、円しか保有していない日本人は円安ドル高が加速するとどうなるでしょうか?

輸入に頼っているため、モノの価格が値上がりして、いままで購入できていたものが買えなくなります。

現状、さまざまな企業で値上げが実施されています。

最近ですと、スシローが10月から110円→120円へ値上げすることを決定しました。

 

 

いままでのやり方では日本人は貧乏になる

バブルが崩壊してから30年の日本では、税金が上がる一方で、平均年収が変わっていません。

私たちの手元に入ってくるお金は変わっていないのに、出てくるお金は増える一方です。

さらに、定年の年齢も年々引き上げられ、ゆっくりとした老後生活ができなくなってきてます。

 

また、銀行などの金利が0.001%のため預けていてもお金が増えません。

ちなみに、バブル時期の金利は8%でした。

 

そのため、1人1人が1度いままでのやり方を見直す必要があります。

たとえば、投資を始めたり、副業を始めたり、自分の支出を見直したりなどがあります。

この機会に1度、自分の生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

投資を始めろや副業を始めろとは言っていないので、勘違いしないでください(笑)

あくまで見つめ直しましょうと言っているだけです。

ただ、企業で勤めいる会社が今後20年、30年存在する保証はありません。

早期退職者を募集している企業も増えていますので。

将来、自分がどうなるかをしっかり人生プランを考えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA