本を読まないを克服する方法3選

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから234回目の投稿です!

今日は「本を読まないを克服する方法3選」について書いていきます。

結論としては、「読書は読むだけでなく、やり方はいろいろある」です。

流れは、

  • 本を読まない人にアンケート
  • 本を読まないを克服する方法3選
  • 読書はコスパが良い自己投資

です。

 

 

<本を読まない人にアンケート

ここ最近、「読書」に関する投稿を上げてました。

 

『読書から成果が出る人がやっている読み方3選』

『本を読む人、読まない人の差』

 

これらを書いてきましたが、そもそも本を読まない人がいるのかの根本を理解していませんでした。

そこで、私の周囲の人やネット上での声を聞いてみました。

 

その結果、この3つが多かったです。

 

「活字を読むのが苦手」

「忙しくて、読む時間がない」

「本を読まなくても不便がない」

 

これらは確かにありますね。

私も以前はこう思っていました。

 

学生時代は、

「国語が苦手」

「朝から晩まで部活と学校の宿題」

「本を読んで意味あるの?」

と思っていました。

 

両親からは、「本を読め!」と言われても聞きませんでした。

それが、いまとなっては月3~4冊を読んでいます。

何が起こったんだよって感じですよね(笑)

 

そのきっかけを作ったのが、ある小説でした。

それは、『君の膵臓を食べたい』です。

(要約と私の感想についてはこちらの投稿を見てください)

 

本屋で漫画を購入しようと思っていったら、たまたまその本が目につきました。

そのときに

「表紙と本のタイトルが全然違い過ぎる!?なんだこの本は??」

と思い、漫画と一緒に買って読んでみました。

 

そしたら、めちゃくちゃ面白くて、すぐに読み終わってしまいました。

それがきっかけで読書にハマりました。

 

『人は何にでもなれる いつからでも』

 

マレーシアに移住し、YouTube大学を配信しているオリエンタルラジオ 中田敦彦さんの言葉です。

まさにそうだなと思いました。

 

きっかけがあれば、人は何にでもなれるのだと思いました!

私はその体験が読書ということでした。

 

 

<本を読まないを克服する方法3選

では、話を戻して先ほど挙げた本を読まない人が、克服するための方法を3つご紹介します。

 

1.聞いて学びを得る

活字を読むのが苦手な人や読む時間が無い人は、耳で聞く事です。

耳からの情報って意外と覚えているものです。

人の話も耳で聞いていますし、案外良いインプット方法です。

電車の移動時間やスキマ時間を工夫して読書の時間を作ることができます。

聞く方法として、以下の2つがあります。

個人的には①のやり方がオススメで、私も実際に使っています。

①オーディオブックを利用

今では、複数のオーディオブックのサービスがあります。

有名なのは、Amazonが運営する「Audible」と、株式会社オトバンクが運営する「audiobook.jp」などさまざまあります。

②スマホの読み上げ機能を使う

Apple製品限定かもしれません。

iPhoneやiPadには、画面に表示されている文字を読み上げる機能がついています

この機能を使うと、画面に表示されているテキストを読み上げてくれます。

使うには準備が必要です。

  1. iPhoneの設定画面から「アクセシビリティ」をタップ
  2. 次に「読み上げコンテンツ」をタップ
  3. 上から2つ目の「画面の読み上げ」をオンにする。

 

これで準備は完了です。

あとは、読み上げたい画面にいき、2本の指で画面を上から下方向に選択します。

すると、小さいウインドウが開き、読みあげることができます。

 

2.YouTubeを活用する

YouTubeで『本要約』というチャンネルが多いです。

これを活用して、読みたい意欲を沸き立たせます。

やり方は、

①本要約を観てその本に興味を持ちます。

②もっと知りたいと思った本を購入して読んでみる。

個人的に良く見ているチャンネルがこの3つです。

中田敦彦のYouTube大学

本要約チャンネル【毎日19時更新】

フェルミ漫画大学 

ここで、気をつけてほしいのが、YouTubeのチャンネルはその人が良いと思った部分を切り出していたり、少し盛って動画を作っていたりすることです。

本の内容で、心に響く内容は人それぞれです。

あくまで、本への興味付けにして、実際には本で情報を得るようにしましょう。

 

3.全部を読まない

本を読まない人は、本は最初から最後まで全部読むと思っています。

それで、途中で読めなくなってやめてしまうと思います。

ですが、全部読まなくて良いです。

特にビジネス書はその傾向が強いです。

理由は、本の著者が伝えたい内容は、本全体の2~3割です。

しかも、それは本の中盤~後半に書かれていることが多いです。

あとは本への興味付けや作者の生い立ちなどを書いています。

なので、もし読むなら思い切って本の最終章やその1個前の章から読んでみてください。

案外、その章の最初の2~3行で前章の内容がまとまっているときがあります。

 

 

読書はコスパが良い自己投資

読書って意外と簡単にできるものではないでしょうか?

 

読書は先人たちが数十年費やした知恵や経験が詰まっています。

それを私たちは数千円で買うことができ、数時間で学ぶことができます。

かなりコスパが良く自己投資ではありませんか?

 

これを機会に読書デビューをしてみてください。

読書でオススメは、「Amazonkindle」が良いです。

無料・有料がありますが、まずは無料で使ってみてください。

そこから有料に切替てみてください。

有料ですと、月額980円で和書12万冊が読み放題です。

いまですと、初回30日間の無料体験キャンペーンをやっていますよ。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

梅雨に入って、なかなか外に出る機会が減ったかもしれません。

これを機会に読書デビューするのも良いかもしれません♪

あと、読書を目的にしないように気をつけてください。

読書はあくまで行動へ繋げるための手段です。

私も読書を始めた頃は、読書を目的にしていました(笑)

読んで満足せずに、読んだ内容を少し行動に移してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA