無難な人生なんて無い

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから22回目の投稿です!

本日は、勤労感謝の日ですね!

勤労感謝というと、「いつも働いているお父さん、お母さんに感謝を伝える日」と思いますが、少し違います。

国民の祝日の法律では、

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」

と制定されています。(URL:https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html

個人的な解釈ですが、

「働いている人を尊重し、作ったものに対して喜び、国民全体で感謝をしよう!!」

という日

なので、お父さん、お母さん以外の経済を動かしている人全員に感謝をしましょう!!

ちなみに、日本は世界的に見ても国民の休日が多いそうです。

 

少し雑談が長くなりましたが、今日は「無難な人生なんて無い」について書きます。

 

 

<無難な人生は無い>

人生には、良いこともあれば悪いことも起こります。

「○○さんに悪口を言われた」

「投資・事業に失敗して借金をしてしまった」

「交通事故を起こしてしまった」

 

このような大小さまざまな困難・苦難・災難が、ほぼ毎日起こっています。

これが起こると

「自分は不幸だ...」

「運が悪いな...」

と思う人が多いと思います。

 

ここで、少し考えてみましょう。

人生で、困難・苦難・災難が全く起こらないでしょうか?

 

答えはノーですね。

無難な人生なんてあり得ませんよね。

生きていれば、必ず困難・苦難・災難は必ず起こり、避けられません。

 

 

<難は有る>

無難な人生が無いなら、難は有る。

つまり、有難(ゆうなん)な人生だと考えてみましょう。

 

あれ!?って思った人はいませんか?

有難な人生??

有難って有難し(ありがたし)って読めるじゃん!

 

そうです。

有難な人生=有難し人生=ありがたい人生

なのです。

 

「この世に無難な人生なんて無い。難が有ることが有難い(ありがたい)」

漢字を作った昔の日本人ってすごいなーって思いますよね!

 

 

<ありがたい(感謝)に変換する>

そうは言っても、困難・苦難・災難が起こったら落ち込みますよね。

その時は、少し考え方を変えてみたらどうでしょうか?

 

例えば、

「○○さんに悪口を言われた」

とします。

悪口ということは、自分が足りない部分を教えていることです。

ということは、そこを直せば自分は成長ができる!

「○○さん、私の足りない部分を教えてくれてありがとう」

と考え方・見方を変えると難がありがたいことに変わりますよね。

 

考え方ひとつで、マイナス思考からプラス思考に変わります。

最初はなかなか大変です。

なので、何でもいいので、いまあるものに感謝をしてみましょう!

 

「美味しいごはんを食べられてありがたい」

「雨風がしのげる家・部屋に住めてありがたい」

「暖かい布団に寝れてありがたい」

 

そうすると不思議と気持ちも変わっていき、ちょっとした難が来てもプラス思考になります

実際、私もこれを実践して見方が変わり、日々が明るい気持ちになっています。

小さなことからでも良いので、実践し続けてみてください。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

これに気づいたのは、ある本がきっかけでした

この本は、いつか紹介したいという気持ちでいます!

それまで、しばしお待ちください☆

今日は、最初の雑談がなかなか長かったですね(笑)

長すぎて飽きて読まれていないことを願っています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA