目的・ビジョン・目標の違い

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから113回目の投稿です!

今日、2月22日は猫の日です。

「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」の語呂合せで、1987(昭和62)年に制定されました。

この日は、全国の愛猫家からの公募で決まったみたいです。

猫好きにはたまらない1日です。

お家で猫を飼われている人は、愛猫をいつも以上に可愛がってください♪

今日は「目的・ビジョン・目標の違い」について書いていきます。

結論としては、「意味が違い、1番重要なのは目的である」です。

流れは、

  • 目的・ビジョン・目標の違い
  • 目的が重要
  • よこがくの目的

です。

 

 

<目的・ビジョン・目標の違い>

あなたはなにかを始めるとき

 

「目的を立てよう!」

「○○を達成するためにビジョンを立てよう!」

「○○を目指して目標を立てよう!」

 

と思って行動すると思います。

ですが、目的・ビジョン・目標は意味が全然違います。

ごっちゃにしないでくださいね(笑)

人によって異なりますが、よこがくはこのように捉えています。

 

目的:やる理由、動機、○○のために(習慣)

ビジョン:目的をカタチにしたもの、感情(主観的)

目標:ビジョンを定量化・数値化(客観的)

 

これからわかるように、決める順番も異なります。

目的→ビジョン→目標

です。

 

たとえば、「お金がほしい」と思ったとします。

目的:好きな服を買うため

ビジョン:買った服を着て、街を歩く自分を想像しテンションを上げる

目標:毎月の給料の〇%(もしくは〇円)を洋服代にあてるために、節約をする

 

ちょっとイメージはつきましたか?

 

 

<目的が重要>

その中で、1番重要なのが目的です。

なぜか?といいますと、目的はそれを目指すための「やる気」「動機」になるからです。

つまり、「なぜそれを成し遂げたいのか?」が重要です。

 

漠然と「○○がしたい」と思っても、途中で挫折してしまい長続きしません。

目的を持って始めないと、無駄な時間や労力が増えていきます。

非効率なことをしてしまいます。

 

何かを始めるときは、まずは目的を掲げましょう!

ただし、しっかり目的を掲げる必要はありません!!

途中で目的を変更しても問題ありません。

 

経営者で、事業に成功した人で「世の中の人のために...」

と言っている人は多いと思いますが、大半の人は後付けです。

最初は、「これをやればお金が稼げる」と思って始めていると思います(笑)

(違うという経営者の人はごめんなさい)

 

なので、しっかりとした目的を立てなくても大丈夫です。

それより、目的を立てるのに夢中になって行動できないことがまずいです。

まずは、やりたいことに対して、

 

  1. 頭に浮かんだ目的を立てる
  2. それに向かって行動する
  3. 行動しながら、ビジョン・目標を立てる
  4. 時々「いま行動をしている目的は何か?」を問う(変わっても良いが、そのときはビジョン・目標も考え直す)

 

を行いましょう

 

 

<よくがくの目的>

よこがくの現在の目的を挙げていきます。

目的を決める参考にしてみてください。

 

  • サラリーマンを卒業する
  • 時間とお金の自由になる
  • 親孝行をする

 

いまはこの目的に向かって行動をしています。

その行動の仕方については、結果が出てからお話しようかと思います。

それまで、楽しみに待っていてください♪

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

今回の投稿内容はかなり難しいです。

いきなり、できるものではありません。

私も何回も挫折しかけました(笑)

目的も最初は、「お金が欲しい」や「FIREを目指す」のような流行りのことを考えていました。

いま考えるとあの時は辛かった(笑)

でも、辛かったときに諦めて元の生活に戻らなかったことで、今があります。

何事もトライ&エラーが大事です。

そして人生でも。

成功より失敗から学ぶ方が何倍も自分のためになります。

なので、失敗を恐れずにどんどんトライ&エラーをしていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA