肉じゃがの意外な誕生秘話

 

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから230回目の投稿です!

今日もめちゃくちゃ暑いですね。

都内の最高気温は30度になる予報です。

6月なのに30度ってヤバいですね(笑)

今年の夏はどうなるんだろう(笑)

都内でも40度とかになるんじゃないですかね。

一方で、政府は夏場の電力不足が懸念しています(記事はこちら

下手をすれば、停電になるかもしれません...

夏場で停電になったら、熱中症の人が続出するかも。

無理の範囲内で節電をしていきましょう。

今日は「肉じゃがの意外な誕生秘話」について書いていきます。

結論としては、「肉じゃがはビーフシチューの失敗作から生まれた」です。

流れは、

  • 肉じゃがの始まり
  • 肉じゃがは○○の失敗作
  • 肉じゃがのご当地グルメ

です。

 

 

肉じゃがの始まり

おふくろの味として上位にランキングされる料理としてある「肉じゃが」

 

肉(牛、豚、鶏)・じゃがいも・玉ねぎ・糸こんにゃくなどを炒めてから、醤油・砂糖・みりんで煮たもの。

最近ですと、めんつゆなどを使用する家庭もあり、味は様々です。

 

では、その肉じゃがはどのようにして誕生をしたか知っていますか?

 

「ある料亭の賄い飯だった」

「天皇が食べていた」

 

そう考えると思いますが、違います!

実は、ある人が海外の料理から生まれたのです。

 

 

肉じゃがは○○の失敗作?

肉じゃがの誕生を語る上で、ある人物を紹介します。

それは、東郷 平八郎(とうごう へいはちろう)さんです。

 

東郷 平八郎さんは、

・1848年1月27日~1934年5月30日生まれ

・日本の海軍軍人で、最終階級は元帥海軍大将

・各地の東郷神社に名を残している

詳しく知りたい人は、こちらをクリックしてください。

 

東郷 平八郎さんが、1870年から1878年の8年間、イギリスのポーツマス市に留学していました。

そこの留学先で食べたビーフシチューの味を気に入り、よく食べていました。

 

留学が終わり、日本へ帰国後に艦上食として作らせようとした。

しかし、命じられた料理長はビーフシチューを知りません。

そこで、東郷の話からイメージして醤油と砂糖を使って作りました。

それで出来上がったのが肉じゃがなのです。

 

艦上食として作られたため、カレーライスと同様に軍隊の食事として全国的に導入されました。

 

そして、肉じゃがには驚きの効果を日本にもたらしました。

江戸から明治時代にかけての日本では脚気(かっけ)という病気が問題となっていました。

脚気とは、心不全によって足のむくみ、神経障害によって足のしびれが起きる症状です。(詳細はこちら

この原因はタンパク質とビタミンの欠如によるものでした。

 

肉を食べる習慣がほとんどなかった日本人は、特にこの病気になりやすかったのです。

ただ、当時の肉料理と言えば、洋食で日本人好みの味ではありませんでした。

そこで、肉じゃがにより、日本人好みの味となり、日本で肉が食べられる風習が生まれました。

結果、脚気は改善されました。

 

結論としては、肉じゃがはビーフシチューの失敗作から生まれたのです

そして、それにより日本の病気も解決したことになりました。

 

 

肉じゃがのご当地グルメ

さらに詳しく調べていくと、肉じゃがのご当地グルメというものがありました。

それを紹介したいと思います。

 

まいづる肉じゃが

京都府舞鶴市で提供しているご当地グルメ。

肉じゃがで街を活性化する目的で、市内の飲食店で販売されるようになりました。

特徴は、材料には男爵いもを用いています。

また、東郷平八郎が初めて司令長官として赴任したのが、舞鶴鎮守府(現・舞鶴地方総監部)である事を根拠にし、1995年に舞鶴市が「肉じゃが発祥の地」を宣言しました。

 

くれ肉じゃが

広島県呉市で提供されているご当地グルメ。

肉じゃが発祥の地として当市をアピールするために会員店舗で販売されるようになった。

特徴は、材料にはメークインを用いています。

東郷は、舞鶴赴任より10年前に呉鎮守府(現・呉地方総監部)の参謀長として赴任している事を根拠に、1998年、呉市も「肉じゃが発祥の地?」として名乗りを上げた。

 

あれっと思いませんか?

2カ所も肉じゃが発祥の地あって良いのかと??

当時、両市が話し合い、「舞鶴・呉の双方が発祥地」としました。

 

基本的に作り方は一緒ですが、使用しているジャガイモと味付けに使用している醤油が違うくらいです。

ぜひ、舞鶴市と呉市へ行った際は食べてみてください。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

おふくろの味として親しみがあった、肉じゃがが実はビーフシチューの失敗作だったとは(笑)

たしかに、よく考えると使用している食材って同じですよね。

ビーフシチューに糸こんにゃくは入れませんが(笑)

こう調べると、面白いことが出てきますね!

また、こういう投稿をしたいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA