資産運用について

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから161回目の投稿です!

昨日のことなのですが、久々に原宿へ行きました。

そこで気づいたのですが、思った以上に人が少なかった感じがしました。

いたのはいたのですが(笑)

ただ、以前は長蛇の列を成している飲食店の前を通っても、空いていました。

買い物をする人も少なかった気がしていました。

昨日は天気が良かったので、どこかへ出かけているのかなーと予想しました。

新型コロナウイルスの影響で、人々の価値観が少しずつ変わって来ているのかなーと思いました。

今日は「資産運用について」について書いていきます。

結論としては、「資産運用はやったほうが良くて、オススメはつみたてNISA」です。

流れは、

  • 資産運用が必要な理由
  • 貯金だけではいけないのか
  • 資産運用する方法

です。

 

 

<資産運用が必要な理由>

近年、「資産運用」「投資」の言葉をテレビ、YouTubeで出てたり、関連本が続々と出ています。

それはなぜなのでしょうか?

 

いろいろありますが、主に社会保障(年金や医療費など)の崩壊ではないかと思います。

日本は他国と比べて、社会保障が充実しています。

しかし、それが崩壊しつつあるのです。

その原因は、少子高齢化と新型コロナウイルスの影響です。

 

社会保障は、働いている人から税金を徴収してそのお金を充てています。

ただ、いま現役で働く人が減少しています。

逆に年金生活をする人が増え、医療の発展により年金生活が長期化しています。

 

さらに、新型コロナウイルスの影響で失業者や精神的に病んでいる人が増えてきています。

その人たちの生活を支えるため、支援金として社会保障が充てられています。

 

社会保障に充てるお金が減っている一方で、社会保障を使用する人が増えています。

そうすると、いつ崩壊するかわからない状態に日本はあるのです。

崩壊することは無いとは思いますが、その変わり税金などを引き上げる可能性があります。

そうすると、給料が上がらない、モノの値上げがどんどん増えている昨今で、生活ができないという人が増えるかもしれません。

 

そこで、資産運用をして日本という国に頼らずに安心した生活を送ろうということです。

 

 

<貯金だけではいけないのか>

「資産運用しているよ!」という人の中に、貯金を含んでいる人がいると思います。

たしかに資産運用に入りますが、資産運用をしている人からすると貯金は資産運用とは言えません。

なぜなら、お金が増えないからです。

 

いま、銀行の金利は0.001%です。

ちなみに、いまから30年前の1990年代の銀行の金利は3%くらいで最大で8%だったそうです。

いまじゃ考えられないですよね(笑)

 

金利とは、年間でお金を預けた額と支払われる利息の割合を指します。

0.001%ですと、100万円を1年間預けても、10円しか受け取れない状態です。

ちなみに、1990年代の金利3%ですと3万円が受け取れます。

 

資産運用は、お金を増やすために行います。

上記の0.001%と8%ですと、どっちがお金が増えやすいでしょうか?

もちろん、8%ですよね。

 

貯金はお金に働かせていないものと同じです。

お金をうまく働かせるために、資産運用はした方が将来的にはお金が増えます。

 

 

<資産運用する方法>

では、資産運用する方法はどうすれば良いのでしょうか?

方法はいろいろありますが、いまからやるなら下表の一般NISAとつみたてNISA、iDeCoがオススメです。

これらは、国が認めている資産運用方法であり、安心があります。

さらに、資産運用したときに発生する税金が非課税となります。

 

一般NISA つみたてNISA iDeCo
運用期間 5年(最長10年) 20年間 加入から60歳まで

(10年間延長可能)

運用商品 株式・投資信託・REIT・ETFなど 限定された投資信託とETF 定期預金・保険・投資信託
投資限度額 年間120万円、最大600万円 年間40万円、最大800万円 公的年金や企業年金等の加入状況によって異なりますが

年間14万4,000円~81万6,000円くらい

換金 いつでも換金可能 いつでも換金可能 60歳まで原則換金不可

 

この中でよこがくがオススメなのが、つみたてNISAです。

急にお金が必要になったときに、すぐに現金に変えることができますし、運用期間も20年間と長いからです。

投資限度額が年間40万円(月3万円くらい)は少ないですが...

ですが、これで月々3万円で資産運用して金利3%で運用した場合、20年後、264.9万円が増えている計算になります。

ちなみに、貯金の場合は20年後、1,000円くらいしか増えません(笑)

この資産運用の計算は、こちらのサイトで簡単にできます。

 

すぐに使用できる現金を持つこと(貯金)も大事ですが、すぐに使用しないお金があるようでしたら資産運用に回した方がよいです!

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

今回の話はかなり難しかったと思います。

私もちゃんと説明できたが自身がありません。

もう少し、かみ砕いて何回かの投稿に分けて話したほうが良いかなーと書きながら思いました。

これはこれで、資産運用の触りを理解するために良い内容だと思います。

自己満足ですが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA