部屋を借りるときのポイント

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから66回目の投稿です!

昨日、体操の内村航平選手が現役引退を発表されました。(記事はこちら

私の中では体操業界では、内村選手が1番認知度が高いと思います。

体操選手業界では、年齢も高い(33歳)ですし怪我も多かったみたいですね。

これから引退会見を開くようですね。

個人的には今後は若き体操選手の育成に励んでもらって、日本の体操業界を世界トップレベルを維持してほしいです!

内村選手、長い間お疲れ様でした!!

そして、いろんな感動をありがとうございました!!

今日は、「部屋を借りるときのポイント」について書いていきます。

これから、就職・異動・大学入学などで引越しの過渡期です。

そのときに、部屋を借りる(賃貸契約)をするときのポイントを3つご紹介します。

これは、私が去年引越したときに使った内容なので、信頼性はあります。

流れとしては

  • 仲介業者は2~3件回る
  • 内見のときは、部屋のホコリなどをチェック
  • 契約金明細書の金額をそのまま鵜呑みにしない

です。

 

<仲介業者は2~3件回る>

仲介業者とは、部屋の所有者(貸主)と部屋を借りる人(借主)との間に入り、物件紹介や面倒な契約書類手続きをしてもらえる人たちです。

なので、我々が部屋を借りるときは仲介業者を介します。

仲介業者は、エイ〇ル・ア〇マンショップ・〇Rです。

スー〇やホー〇ズは、部屋を紹介するサイトで仲介業者のような仕事をしておりません。

 

そして、スー〇やホー〇ズを見てみると、1つの物件で2~3社の仲介業者に問合せができると思います。

これは、物件はその仲介業者が独占して取り扱っているわけではないということです。

(一部の物件では独占不動産会社が直接販売していたり、独占契約をしている場合がありますが、結構レアケースです)

レインズという不動産物件を一括管理しているサイトがあり、そこに物件を登録すると仲介業者なら誰でも見て空き状況を把握できます。

このレインズは、ID管理がされているため安易に見ることができません。

IDも審査が必要だったと思います。

 

なので、いいなーと思っていた物件が、その仲介業者でしか取り扱っていることはありません。

例えるなら、家電製品です。

あるメーカーの洗濯機を買うとなったら、ヤ〇ダ電機、ヨド〇シカメラ、ケーズ〇ンキで購入できますよね。

洗濯機を物件と考えれば良いです。

 

なので、同じ物件でも仲介業者を2~3件回って契約金明細書を出してもらうことをおすすめします。

後でお話しますが、これを手に入れることで金額交渉が有利に進められます。

 

また、仲介業者とのやり取りは基本メールでやることをオススメします。

こちらは、仲介業者がたまに嘘を言っていることがあるからです。

あるYouTubeの動画でこんなことを言っていました。

「仲介業者は、見た目は弁護士、中身は詐欺師」

仲介業者に勤めている方、こんなこと言ってすみませんが、少し納得できます。

 

我々は、契約内容について詳しくありません。

あちらはプロなので、こちらが知らないことに対してお金を余計に出させたりします。

(そんな仲介業者はいないと信じていますが、ほとんどの仲介業者はそう思っても良いかもしれません)

そのため、仲介業者とのやり取りをメールにして証拠を残しましょう。

あとで、話が違うという防止にもなりますし。

最悪、ケータイの録音機能で仲介業者との会話を録音しておくのも良い方法だと思います。

 

 

<内見のときは、部屋のホコリなどをチェック>

実際に内見したときに、見ておきたいポイントがあります。

それが、部屋のホコリです。

賃貸物件は退去時に部屋をクリーニングします。

しかし、それ以降は部屋を掃除することはありません。

そのため、ホコリやごみが多いところは、部屋が空いている期間が長いということです。

 

不動産会社にとって1番の痛手は、空室があることです。

空室ということは、家賃が発生せずお金が自分たちに入ってきません。

一刻も早く誰かに入居してもらって、家賃を支払ってほしいのです。

そこを上手く利用することで、今後の契約金明細書で家賃の値下げ交渉などを有利に進められます。

 

 

<契約金明細書の金額をそのまま鵜呑みにしない>

先ほどもお話しましたが、「仲介業者は、見た目は弁護士、中身は詐欺師」です。

そのため、契約金明細書の金額はかなり盛られて提示されていることが多いです。

従って、契約金明細書を出されてそのまま契約に進まないようにしてください。

 

では、どこに注目すれば良いかというと...

それは、明日の投稿で書きます。

思った以上に長くなってしまったので、2回に分けてお話します。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

仲介業者の皆さんを悪人みたいに言ってしまって申し訳ありませんm(_ _)m

これは、借主である我々の知識不足が原因でもあるからです...

仲介業者さんも売上げを上げるためにあの手、この手を使っているんですよね。

これは、仲介業者さんだけのせいではありません。

我々もしっかり知識をつけていけば、仲介業者さんも悪人にならなくなると思います!!

この投稿が、仲介業者さんを悪人にさせない手助けになればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA