雇用保険とは??

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから99回目の投稿です!

今日、2月8日は〒マークの日です。

なんじゃそれ!?って感じですよね(笑)

Wikipediaによりますと、

1887(明治20)年のこの日、逓信省(現在の日本郵政グループ)のマークが逓信の「テイ」に合わせて甲乙丙丁の「」に決定した。

しかし、万国共通の郵便料金不足の記号「T」と紛らわしいことがわかり、6日後の14日に、「テイシンショウ」の「テ」を図案化した「〒」の誤字だったことにして変更した。

参照リンク

ちょっとした豆知識でした(笑)

今日は、「雇用保険とは??」を読んだ感想を書いていきます。

結論としては、「何らかの理由で働けなくなった人のための国の社会保険制度の1つ」です。

流れは、

  • 雇用保険とは?
  • 実は日々の給料から引かれている
  • これに関する注目記事

です。

 

 

<雇用保険とは?>

あなたは、この言葉を聞いたことがあるでしょうか?

聞いたこと無い人がほとんどだと思います。

ときどきニュースとかで出てきますが、詳しくは知らないという人もいると思います。

 

雇用保険とは

「労働者の生活及び雇用の安定と就職の促進のために、失業された方や教育訓練を受けられる方等に対して、失業等給付を支給します。

また、失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉の増進等をはかるための二事業を行っています。」

(厚生労働省HPより)

 

・会社が倒産して失業した人

・会社での過労やパワハラ・セクハラなどにより、肉体的・精神的に働けなくなった状態になった人

・従業員が資格や教育の訓練を受ける人

などの人たちのために、国が用意している社会保障制度です。

 

「次の就職先が決まるまでの一定期間や復職するまでの期間、お金がないので生活できない...」

上記の人たちのために、国がそれまでの期間、金銭的な援助をしてくれます。

 

日本は、こういった社会保障制度が充実している国です。

世界的にここまで手厚い保障がある国はないでしょう。

 

 

<実は日々の給料から引かれている>

では、その財源はどこから来ていると思いますか?

政治家からのポケットマネーから出ている訳ではありません(笑)

気づいた人もいると思いますが、税金です。

 

しかも、会社員の人なら給料から自動的に引かれています。

給料明細書を見てみてください。

「住民税」や「社会保険料」などのところに、「雇用保険料」という項目がありませんか?

これが雇用保険の財源となっております。

ちなみに、これは働いている人は加入必須です。

抜けることはできません。

 

この制度を知らずに、人生で使用せずに生涯を終える人がほとんどだと思います。

私も今年になって知りました。

 

そして、これに関して先日あるニュースが流れました。

 

 

<これに関する注目記事>

『雇用保険料、段階値上げへ』

(記事はこちら)

 

昨今の新型コロナウイルスにより、精神的に参ってしまい働けなくなった人や失業した人が急増しました。

これが原因で保険財源が苦しくなったからです。

 

いまは、賃金の0.9%の保険料率ですが、

22年4月~9月で0.95%

10月~23年3月で1.35%

まで引き上げられます。

 

いまより、0.45%増加します。

大したパーセンテージではありませんけど、給料が上がらない状態での増税は痛くはないでしょうか?

いままで毎日食べていた1,000円くらいのランチが、週1もしくは月1くらいでコンビニのお弁当に変わるようなイメージです。

 

国の社会保障制度は、世界でもトップクラスの手厚い制度ですが、値上げされるのは辛いですよね...

今後、新型コロナウイルスの影響で、さまざまなものが値上げや増税になると予想しています。

もしかしたら、いままで買えていたものが買えなくなるという未来があるかもしれません...

 

政府も黙っていないと思いますので、今後の政府の動向に注目ですね。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

雇用保険って私も最近知りました。

しかも、いま働いている人にも適応されますからね。

まぁ、税金を払っているんだからそうですよね(笑)

知らないでいるより、知った方が損をしないで済みます!

あなたも日常の常識を疑ったり、知識を得ることに励んでいきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA