革命のファンファーレを読んで

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから153回目の投稿です!

今日、4月3日は趣味の日です。

サイドリバーという会社が制定しました。

4(し)3(み)で「しゅみ」の語呂合せだそうです。

ちょっと強引すぎる気がします(笑)

それはそうと、良い日だと思います。

新年度が始まって新しいことが始まる時期です。

そして、今日が趣味の日。

何か新しい趣味を始めるには良い日ではないでしょうか?

これやってみたいなーというのがありましたら、ぜひ挑戦してみてください。

よこがくのオススメの趣味は「読書」です。

そんなそんなで、今日は「革命のファンファーレ」を読んだ感想について書いていきます。

結論としては、「お金より人の信用・信頼が重要視される時代になってきた」です。

流れは、

  • おすすめポイント
  • 本の要約
  • よこがくの感想

です。

 

<おすすめポイント>

本書のおすすめポイントは、

  • キングコング 西野亮廣さんの魅力が満載
  • なぜ、信用・信頼が大切なのかがわかる
  • 「お金の正体は何か?」が理解できる

 

 

<本の要約>

本書について要約していきます。

 

  • 著者:キングコング 西野亮廣さん
  • 2017年に書かれた
  • クラウドファンディングで国内歴代最高額を達成した著者
  • クラウドファンディングから学んだお金の正体とこれから必要になることが書かれている
  • お金の正体は、信用を数値化したもの
  • 現代は、お金より信用を貯める必要がある
  • いままでの常識を疑い、縛られる必要がなく時代に合ったことをする

 

著書は、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2018」の総合一位に輝いております。

2018年ですと、クラウドファンディングという言葉が世の中に浸透し始めた時期ですね。

 

そのクラウドファンディングで国内歴代最高額を達成した著者、キングコング 西野亮廣さん

著者の紹介については、こちらを参照していただきたいです。

簡単に紹介しますと、

  • 20歳でバラエティー番組「はねるのトびら」で大ブレイク
  • 絶頂期だった2016年、突如芸人の最前線から引いて、絵本を書く
  • この絵本が、「えんとつ町のプペル」で発行部数は30万部を超える
  • そして、アニメ映画化もされた。(映画については、こちらの投稿で観た感想を述べています。)

 

そのクラウドファンディングから学んだことをまとめたのが本作です。

「お金より信用を貯める」

実際、西野さんはお金持ちか言えばそうではありませんよね。

高級ブランドをまとい、高級車をブイブイ乗り回していません。

 

オンラインサロンもやられていますが、その売上のほとんどは西野さんがやりたいことを実現するために使用しています。

そのやりたいことを支援したいから、サロンメンバーはついていき加入します。

このことから、お金とは「信用を数値化」したものだと西野さんは結論付けました。

 

そして、現代はインターネットが普及したことにより、いままでの常識が変わりつつあります。

「○○は当たり前」「○○は常識だよ」

という言葉を鵜呑みにせず、「なぜ常識なのか?」を疑いましょう。

その癖をつけることで、自分で考える力が養え、最適な選択ができます。

 

 

<よこがくの感想>

これがきっかけで、西野さんのオンラインサロンへ加入したり、講演会に参加しました。

(いまはサロンは退会していますが)

 

お金=信用の数値化

はかなり納得した内容でした。

 

人がお金を使うのは、そのサービスやモノに価値があり信用があるからです。

たとえば、高級ブランドのエルメスやシャネルは、持っていれば周囲から一目置かれますよね。

これは、エルメスやシャネルが、それだけの信用があるからです。

ビジネスでも納期が遅かったり、ミスが多い会社に仕事を出さないですよね。

 

それを知ることができた1冊でした。

他にも「えんとつ町のプペル」で冒頭の数分を無料公開した狙い、クラウドファンディングのやり方など面白い内容が詰まっています。

興味がありましたら、ぜひ読んでみてください!

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

西野亮廣さんのオンラインサロンは、国内最大級と言われています。

気軽に入れる金額で、内容も面白かったです。

それでも私は退会しました。

あることがきっかけで、西野亮廣さんの印象が悪くなったからです。

別に西野亮廣さんが大っ嫌いになったり、アンチではありません。

ただ、その印象が強くてサロンの居心地も悪くなりました。

ですが、入って分かったことがあったのでそれはそれで良かったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA