疲れる前に休む

 

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから15回目の投稿です!

昨日、菅田将暉さんと小松菜奈さんの結婚報道がありましたね!

おめでとうございます!!!

末永くお幸せでいてください!

今日は菅田将暉ロスと小松菜奈ロスで仕事が憂鬱な人もいるかもしれませんね!

そういう人がいましたら、今日はそっとしてあげてください(笑)

私は、新垣結衣さんが結婚したときにガッキーロスになりました(笑)

 

本日は、「疲れる前に休む」について書いていきます。

 

 

<なぜ、疲れる前に休むのか?>

これは府に落ちないかもしれません。

「休むなら疲れたときじゃないの?」

「疲れる前だったらまだやれる気力があるってことでしょ?」

これは、自分のパフォーマンスや気持ちを維持するためです。

 

疲れがピークに達して週末を迎えたとき、部屋でダラダラ過ごしたり、寝て過ごしたりしていないでしょうか?

一部の人は、週末もアクティブに外で遊んでいると思いますが、ほとんどの人は週末はこのように過ごしていないでしょうか?

そして、休み明けの月曜日はどんな気持ちで仕事をしていますか?

休み明けだから仕事の効率が落ちていませんか?

これは、疲れが完全に取れていない状態です。

 

この疲れが完全に取れていない状態ですと、仕事がはかどりません。

これが続くと、体を壊し働けない状態や精神的に病んでしまい長期治療が必要になってしまいます。

 

 

<疲れる前に休むタイミング>

では、疲れる前に休むタイミングはいつでしょうか?

それは、気持ちがネガティブになっているときです。

ネガティブになっているのは、脳や心が黄色信号を出しているときです。

それが出たら、すぐに休むようにしましょう!

 

でも、休むっていってもどう休めば良いのかわからない、という方もいると思います。

私が提案するのは、10~15分ほど外を散歩することです。

それができない人は、好きなアーティストの音楽を聴いたり、好きなアロマを嗅ぐのも良いと思います。

要は、いまやっていること以外のことをして気分転換をするです。

思い切って会社を休むのも有りかもしれません。

 

休むことも仕事の一環と言われますが、まさにそうです。

筋トレでも毎日トレーニングするよりも、筋肉を休ませることで超回復が見込まれ、筋肉を大きくすることができます。

仕事も一緒です。

仕事のパフォーマンスを上げるにも、適度な休憩が必要です。

 

 

<休むことへの罪悪感>

とは言っても、休むことに罪悪感を感じる人もいると思います。

そんなときは、この言葉を言ってみてください。

 

「我慢するこは、自分自身に嘘をついていること」

 

誰しも我慢をしたことがあると思います。

それは、いわば自分の気持ちに嘘をついているということです。

(とは言っても、自己中心的に生きろとは言っておりません)

自分に嘘をつき続けると、自信を無くして落ち込んでしまい、人生が楽しくなってきてしまいます。

 

せっかく、この世に産まれてきて生きているのですから、何かに囚われる生き方はやめましょう!!

まずは、その一歩として自分に正直になり、疲れたと感じたときは休みましょう!

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

この内容について、私が1番やっておけばよかったと思いました。

私も自分に嘘をつき、疲れていても仕事をしていました...

その結果、体の異変が起こり、休職することになり、私生活でも少し影響が出ています。

寝ても途中で起きたり、自分が価値が無い人間なんだと思う時があります...

そんなことが無いように、少し疲れたなと思ったら休んでみてください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA