日本の悪い価値観

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから17回目の投稿です!

昨日、昼食で餃子の王将へ行きました!!

久々に行きましたが、美味いですね!

特に、チャーハンがめっちゃ美味かったです!

(そこは餃子じゃないんかー(笑))

個人的には、餃子は味の素の冷凍餃子が1番美味しいと思っています(笑)

今日は、最近知った「日本の悪い価値観」について書きます。

 

 

<悪い価値観とは?>

日本の悪い価値観とはなんでしょうか?

これは、「完璧主義・多数派正義主義」であることです。

「○○大学へ行かないと周囲から認められない」

「新入社員なのだから、これができないと社会人として失格だ」

 

こういったことは、1度は体験したことはあるのではないでしょうか?

もちろん、完璧主義は良い価値観もあります。

ただ、日本はそれが高すぎる、求めすぎているところがあります。

現に私も極度の完璧主義です。

 

では、なぜこのようなことが起こったのか?

それは、学校と親の教育・メディア/SNSによる影響です。

※私は教育評論家では無いので、あくまで一個人が思っていることを書いています。

学校と親の教育は、成績が良い人は褒め、悪い人は怒られる風習があります。

また、集団教育を主としているので、みんなと少しでも違うと白い目で見られます。

最近はありませんが、メディアも同じで少し違うと面白おかしく記事にしています。

 

 

<影響>

完璧主義・多数派正義主義でどんな影響が出ているのでしょうか?

それは、自殺者が多くなることです。

 

(厚生労働省自殺対策推進室 資料参照:https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/R03/R02_jisatuno_joukyou.pdf

昨年の自殺者数は21,081人でした。

1時間に2人が命を断っている計算になります。

 

さらに世代別で見てみると、10代~40代の今後の日本を支える世代で多いです。

特に目立つのは20代の自殺者数です。

(厚生労働省自殺対策推進室 資料参照:https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/R03/R02_jisatuno_joukyou.pdf

年々自殺者は減ってきているが、少子高齢化社会の日本にとって若い世代の自殺者は死活問題です。

 

 

<対策>

自殺が多い原因はさまざまあると思います。

家庭、仕事、人間関係などの要因があると思います。

その根本は、「完璧主義・多数派正義主義」だと考えております。

「周囲と比べて劣っている」

「○○な部分がないから生きる価値がない」

 

そう、自分自身を無意識の内に追い込んでいるのです。

私も鬱になったとき、そのようなことを考え自分を追い込んでしまいました。

結果として、身体に異変が起こり休職することになりました。

 

自分を追い込みすぎないための魔法の言葉を教えます。

私もこれに早く知っていれば、変わっていたかもしれません。

「他人は他人、自分は自分」

シンプルですが、深いです。

 

周囲の人より劣っていても、それは自分の個性ではないでしょうか?

また、その環境だけで自分の価値がないだけで、別の環境に飛び込めば自分を必要としてくれます。

いまいる環境でナンバー1を目指すより、オンリー1の環境を探す旅に出てみませんか?

人間、生きていれば必ず必要としてくれる環境があります。

私もいまそれを探す旅の真っ最中です。

もしかしたら、人生は自分が輝く場所を探す旅なのかもしれません。

 

自分に価値が無いからと言って、安易に命を断つ必要はありませんからね!!

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

このブログは、ゆるく投稿する目的でしたが、ここ最近重めの投稿が多いかも(笑)

でも、伝えたいことを伝えたいからそうなっちゃうのかもしれません!

人はいつ死ぬかわかりませんので

もしかしたら、近いうちにブログ名変えるかも(笑)

そのときは、報告します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA