『編集思考』要約と感想

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから245回目の投稿です!

今日は「編集思考」の要約と感想について書いていきます。

 

 

<おすすめポイント>

本書のおすすめポイントは、

  • 自分を変えたいと熱い思っている人
  • 2022年以降の新時代を生き抜く力が身につく
  • 売れているものがなぜ売れているのかを知れる

 

 

<本の要約>

要約前に本書について簡単に説明します。

 

  • 著者:佐々木紀彦さん
  • 2019年に出版
  • ページ数:312
  • NewsPicksハイブリッシングの第一弾書籍
  • チームづくり、個人のキャリア構築など、これからの時代を生きるビジネスパーソン必須の思考法
  • この世のほとんどのモノは、いまあるものとのコラボレーションである
  • それらの土台となる考え方が「教養」「人脈」「パワー」

 

著者の佐々木紀彦さんは、東洋経済オンライン編集長を務め、ビジネス誌系サイトNo.1に育て上げました。

その後、NewsPicks初代編集長を経て、新規事業開発担当役員 兼 NewsPicksStudios CEOを務めました。

現在は、経済コンテンツ・プラットフォームを運営するPIVOT株式会社を立上げ、CEOに就任しました。

PIVOT株式会社のリンク

 

NewsPicksとは、各種経済メディアでのホットなニュースを集めて、有名人(堀江貴文や落合陽一、芸能人、有名企業の社長などなど)をはじめ、誰もが実名で1回だけコメントできる、というアイデアで大人気のサービスです。

NewsPicksのリンク

10代~20代の若い人に人気のメディアです。

 

そのNewsPicksの初代編集長が紙からウェブへ、テキストから動画へと縦横無尽に越境する編集者の経験をすべて詰め込んだ書籍です。

 

編集とは、

「素材の選び方(セレクト)、つなげ方(コネクト)、届け方を変え(プロモト)、改善する(エンゲージ)ことによって価値を高める手法」

である。

 

そして、編集と何か新しい商品を生み出すことと一緒である。

世の中に出ているほとんどのモノは、「何か」×「何か」で出来ています。

 

たとえば、

  • テレビ×ネット×ドラマ=ネットフリックス
  • 家×シェア×ネット=Airbnb
  • アニメ×ゲーム×位置情報=ポケモンGO

 

意外と簡単であるように見えるが、日本企業はこれが苦手である。

なせなら、日本企業の多くは「縦割り病」がはびこっているために、上司の顔色をうかがって、言いたいことをいえない環境にあるからです。

 

編集思考では、「横串でものごとを捉えていく」ということがポイントになります。

年齢や役職、業種業態も関係なく、良いものを見つけて掛け合わせていくことが大切です。

 

そして、この編集思考を実践するためには、3つのリソースがあります。

「教養」「人脈」「パワー」

です。

 

「教養」がなければ、何をかけ合わせると面白くなるか?その本質がつかめない。

アイデアが生まれたとして、「それが正しいのか?」「本当に面白いのか?」「実現可能なのか?」をチェックしてくれる、後押ししてくれる「人脈」を持っている。

そして、それなりの権力、発言権、実行力としての「パワー」がなければアイデアはカタチにできません。

 

 

<よこがくの感想>

ひと言、

「編集思考が大事!」

 

現在ですと、会社組織より個の力が重要視されております。

だが、「個の力ってどのように上げれば良いのか?」とわからない人が多いと思います。

それが本書で紹介している「編集思考」であることがわかりました。

 

本書を読んで、圧倒的な「教養」「人脈」「パワー」が必要であること。

この3つの1つでも欠けていたら、「編集思考」は身につかないことがわかりました。

特に、「人脈」はなかなか身につくことができませんですし、この3つで最も重要だと思います。

 

2022年以降を生き抜く社会人として必読の一冊です。

ぜひ読んでみてください。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

本書を読んで、読書量も増やそうと思いました!

特に、古典書や偉人が書いた作品です。

その人たちは自らの失敗からどのように改善したかが書いてあります。

同じ失敗を未然に防ぐという意味では、偉人から学ぶことも大事ですよね。

だからこそ、読書は大切であることを再認識し、もっと読書の時間を増やしていきたいと思います。

ちなみに、先ほど上げたNewsPicksは私もスマホにアプリをインストールして愛用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA