「あたえられる人があたえられる」要約と感想

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから265回目の投稿です!

今日は「あたえられる人があたえられる」の要約と感想について書いていきます。

 

<おすすめポイント>

本書のおすすめポイントは、

  • 成功は与える人に与えられることを教えてくれる。
  • いままでの働き方や生き方が180度変わる
  • 5つの法則が成功へ導く感動のビジネスストーリー

 

 

<本の要約>

本書について要約していきます。

 

  • 著者:ボブ・バーグさん、ジョン・デイビッド・マンさん
  • 2014年に書かれた作品
  • ノルマ達成が危うくなった主人公ジョー
  • 起死回生の策として、「伝説のコンサルタント」と呼ばれる謎の大物にいきなり面会を申し込んだ
  • すると相手は意外にもすんなり了承し、さらにとてつもない成功を収める5つの秘訣まで教えてくれる
  • ジョーは成功を収めることができるのか?
  • 読み終わった後、すがすがしく満ち足りた気持ちにいざなります
  • 20カ国以上で愛読されている世界的名著です

 

著者のボブ・バーグさん

現在は人気コンサルタントとして多くの企業に呼ばれている。

一部では「21世紀のデール・カーネギー」と呼ばれいます。

ちなみに、デール・カーネギーさんは、「人を動かす」の著者です。(詳しくはこちらをクリック

 

本書は世界20カ国以上で翻訳されたベストセラー作品。

その累計販売部数は、なんと50万部!!

10万部行けば、超ベストセラーと呼ばれるのにその5倍以上を売上げています。

本書は、本当の成功者として幸せをつかむための神髄がストーリー形式で書かれています。

 

物語の舞台は、とある信託会社。

ノルマ達成が危うくなった主人公 ジョー。

起死回生の策として、「伝説のコンサルタント」と呼ばれる謎の大物にいきなり面会を申し込んだ。

もちろん、断られることを覚悟してです。

すると、相手は意外にもすんなり了承してくれました。

遊ばれていると思いながら、指定された場所へ向かう。

そしたら、本人が実際にいた。

さらには、とてつもない成功を収める5つの法則まで教えてくれることになった。

 

その法則は以下である。

  1. 価値の法則:あなたの本当の価値は、どれだけ多く、受け取る以上のものを与えるかによって決まる
  2. 収入の法則:あなたの収入は、あなたがどれだけ多くの人に、どれだけ奉仕するかによって決まる
  3. 影響力の法則:あなたの影響力は、あなたがどれだけ相手の利益を優先するかによって決まる
  4. 本物の法則:あなたが人に与えることのできるもっとも価値のある贈り物は、あなた自身である
  5. 受容の法則:効果的に与える秘訣は、心を開いて受け取ることにある

 

はたして、主人公のジョーは上記の5つの法則を教えてもらい、成功を収めることができるのか?

 

 

<よこがくの感想>

本書のキーワードは、『「Get」から「Give」へ』です。

 

読み終わって、本書を閉じたときに周囲の成功者を想像しました。

そしたら、皆さん「Give」をしている人であることでした。

 

これは人の心理をうまくついているかもしれません。

人は「何をやってもらったら、何かお返しする」と思ってしまいます。

「Give & Take」ですね。

自ら相手のために行動することで、必ず相手もあなたのために何かをしてくれます。

 

ここで注意してほしいことは、損得感情で動いてはいけないです。

「○○さんに恩を売っておけば、必ず見返りがくる」

「○○さんは何もないから、何もしなくて良いや」

 

こういう感情を持ってしまいますと、その行為が自分に返ってきます。

どんな人にも平等にあたえるように心がけましょう。

その行動が、きっと将来あなたを良い方向へ導いてくれるに違いありません。

 

本書は、翻訳書でしたがめちゃくちゃ読みやすかったです。

ぜひ読んでみてください!

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』にも書いてありましたが、成功する人は「GIVE」をする人が多いです。

私たちってどうしても、損得感情で動いてしまうことがあります。

かく言う私もそうです。

しかし、それは間違ったマインドであることを本書で知ることができました。

損得で考えず、「いま目の前にいる人のために何ができるのか」を考えるのが大切です。

私は本書を昨日、読み終えましたが、また読み直そうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA