DXの基礎知識について

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから189回目の投稿です。

今日5月9日はアイスクリームの日です。

東京アイスクリーム協会(現:日本アイスクリーム協会)が1965年に制定されました。

1964年、アイスクリームのシーズンインとなる連休明けの時期でした。

そんなシーズンに、東京アイスクリーム協会が記念事業を行い、さまざまな施設へアイスクリームをプレゼントしました。

以降、この日を「アイスクリームの日」として、各種のイべントを実施しました。

最近、暑くなってきましたので、アイスが恋しい時期ですよね。

しかし、今日は最高気温15℃の予報なので、食べづらいかもしれません(笑)

今日は「DXの基礎知識」について書いていきます。

結論としては、「DXは何かを解決するためのツールであり、目的ではないです。

流れは、

  • DXとは?
  • DXの種類
  • DXは何かを解決するためのツール

です。

 

 

DXとは?

最近、良くメディアなどで耳にするDXという言葉。

これについて、良く理解していない人が多いと思います。

 

DXとは、「Digital Transformation:デジタルトランスフォーメーション」の略で、

デジタルを活用して、圧倒的かつ優れた顧客体験を提供かつ、人々の生活をより良いものへと変革し、事業を成長させることです。

 

元々は、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念でした。

その内容は「進化し続けるテクノロジーが人々の生活を豊かにしていく」というものでした。

 

では、なぜデジタルトランスフォーメーションの略が「DX」なのでしょうか?

それは、「デジタルトランスフォーメーション=DX」の理由は、「Trans」を「X」と略すことが一般的な英語圏の表記に準じているためです。

 

普通に「DT」と略しても良いのですが、いろいろ誤解が生じるため差別化を図るためではないかと思います(笑)

 

 

DXの種類

話題になっているが、DXを身近で感じていないという人もいるかもしれません。

しかし、もう日本でも浸透しつつあり、普段私たちも使用しています。

 

そこで、DXの種類を3つご紹介します。

いろいろありますが、我々が身近なものにフォーカスしてお伝えします。

 

1.シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーは、インターネットを介して、「モノ・場所・技能・時間」などの資産を賃借、共有するサービスです。

たとえば、シェアカーやシェアオフィスなどがこれに該当します。

これは、使用していない期間を再活用しようというイメージです。

 

2.ギクエコノミー

シェアリングエコノミーは、シェアリングエコノミーの個人バージョンで、単発の仕事を受発注するサービスです。。

たとえば、ココナラやクラウドワークスなどがこれに該当します。

これは、個人の空いた時間を再活用しようというイメージです。

 

3.MaaS(マース/マーズ:Mobility as a Service)

Maasは、交通や物流に情報をやり取りする機能を活用し、利用者が効率良くスムーズな移動を実現するサービスです。

たとえば、タクシーをアプリで呼ぶサービスや自動運転などがこれに該当します。

これは、ちょっと耳にする機会が少ないかもしれませんが、今後増えてくると思います。

 

 

DXは何かを解決するためのツール

以上が、DXの基礎知識です。

DXは、私たちの仕事やプライベートの悩みを解決し、便利にするためのツールです。

 

ここで勘違いしてほしくないことが、DXはツール(手段)であり目的ではありません。

DXを目的としている人が多いです。

 

近年、企業の人材確保が苦しい時代です。

少子高齢化の影響もありますが、働き方の自由度が上がったことも要因です。

そこで、企業は人材不足を補い、働いている人の負担を軽減するためにDXを導入するのが目的です。

 

また、DXは何でもできる便利ツールではありません。

近年、情報技術の進歩がすさまじいです。

それでも、できること・できないことの差が大きいです。

 

この投稿で、DXについて興味を持ってもらいましたら、ぜひ調べてみてください。

きっと面白いと思います。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

ちなみに、広告などで「○○のDX化」のような宣伝文句を見かけると思います。

しかし、これは間違った使い方です。

何かをデジタルデータにすることは、単なるデジタルに変換したに過ぎません。

そもそも「DX」という言葉自体が“変革する”という意味を持っているため、「DX化」という表現自体が間違っています(笑)

IT化・デジタル化などと混同してしまわないよう、DXの正しい意味を理解し使っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA