日本のお札が変わる!!その人物はどんな人?

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから309回目の投稿です!

今日は「日本のお札が変わる!!その人物はどんな人?」について書いていきます。

 

<日本のお札が新しくなる>

先日、投稿した「1万円札を作るのに○○円かかっている!?お金の不思議」でお金について書きました。

その中で、2024年に1万円札、5千円札、千円札のデザインを一新する内容があったと思います。

約20年ぶりのデザイン変更です。

 

2019年に、デザインも公開されました。(記事はこちら

デザインに対して賛否両論ありますが、それは置いておいて(笑)

 

新しいお札の発行開始は、2024年の上半期(4〜9月)が目処とされています。

おそらく、2024年の夏あたりに1枚くらいは持つと思います。

 

では、なぜ新しくする必要があるのでしょうか?

お札を一新する大きな理由は偽造防止です。

 

実は、お札は約20年周期でデザインを変えています。

新しく発行されるお札には、最新の技術が投入され、今まで以上に偽造防止が強化されます。

 

偽造防止レベルが世界トップの日本ですので、紙幣が更に強化すると日本のお札の信頼度も上がりますからね。

 

突然ですが、あなたに質問です!

 

今回、お札に描かれる人物は誰かわかりますか?

そして、その人たちがどんなことをしたのかわかりますか??

 

たぶん、答えられない人が多いと思います(笑)

大丈夫です!

今回は、日本の新しいお札に描かれる人について書いていきます。

 

これをきっかけに、その人のことを深く知りたいと思ってくれたら嬉しいです。

 

 

<日本の新しいお札に描かれる人物>

新1万円札

新しい一万円札の肖像になる人物は「渋沢栄一」です。

私が尊敬する人物の1人です。

2021年に大河ドラマで放送されましたね。

それについて、投稿したのでこちらも合わせて見てもらえたら嬉しいです。(記事はこちら

渋沢さんは、「日本資本主義の父」と呼ばれており、第一国立銀行(現・みずほ銀行)や日本鉄道(現・JR東日本)、帝国ホテルなど、約500もの企業の設立に関わったとされる人物です。

まさに、日本経済の基盤を作った人物です。

ちなみに、お札で渋沢栄一が描かれるのは表面です。

裏面には「東京駅・丸の内駅舎」が描かれます。

 

新5千円札

新しい五千円札の肖像になる人物は「津田梅子」です。

津田さんは、岩倉使節団に加わった日本初の女子留学生の1人です。

帰国後、女子教育の必要性を感じて「女子英学塾(現・津田塾大学)」を創設しました。

このことから津田さんは「女性教育の先駆者」と呼ばれるようになりました。

ちなみに、お札で津田梅子が描かれるのは表面です。

裏面には、「藤の花」が描かれます。

 

新千円札

新しい千円札の肖像になる人物は「北里柴三郎」です。

北里さんは、世界で初めて「破傷風」の血清療法を確立し、ペスト菌を発見した人物です。

「病気を未然に防ぐのが医者の使命」という信念のもと、予防医学の礎を確立させました。

このことから北里さんは「近代日本医学の父」と呼ばれるようになりました。

ちなみに、お札で北里柴三郎が描かれるのは表面です。

裏面には、葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景・神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」が描かれます。

 

 

<豆知識>

ちなみに、お札の肖像になるの人物の決め方ですが、

通貨行政を担当する財務省、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局の三者で協議した後、最終的に日本銀行法により財務大臣が決めることになっています。

 

また、お札の肖像になる人物を選ぶ基準ですが、特別な制約はありません。

しかし、おおよそ2つの理由で選定しています。

  1. 世界に誇れる人物で一般によく知られていること
  2. なるべく精密な人物像の写真や絵画を入手できること

特に2つ目の理由は、偽造防止が目的とされています。

 

さらに、お札に人物の肖像が使用される理由は2つあります。

  1. 顔や表情のわずかな違いにも気付く人の特性を利用するため(偽造防止)
  2. 人々に親近感を持ってもらうため

2はお札自体の認識も深めてもらいたい狙いがあると思います。

 

これを見ると早く新しいお札がほしくなってきましたよね!

でも、あと2年ガマンしてください(笑)

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

 

<あとがき>

2024年に新しいお札が変わると書きましたが、その頃にはキャッシュレス化や仮想通貨といったデジタル通貨が流通しそうな気がします(笑)

そうすると、新しいお札を作る意味があるのかちょっと疑問に思いました。

でも、偽造防止の観点からすると必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA