日本三景の日(7月21日)

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから262回目の投稿です!

今日は「日本三景の日(7月21日)」について書いていきます。

結論として、「日本三景と新日本三景が存在する」です。

 

 

<7月21日は日本三景の日>

本日、7月21日は「日本三景の日」です。

日本三景については知っている人は多いと思いますが、そもそも日本三景ってなぜ呼ばれたのかを知っている人は少ないと思います。

 

さかのぼること江戸時代前期。

儒学者 林春斎が、寛永20年(1643年)に執筆した著書『日本国事跡考』の陸奥国の中に書き記されていた地名が始まりとされています。

林春斎は、江戸幕府に仕えた人物です。(詳細はこちらをクリック

 

その後、元禄2年(1689年)に天橋立を訪れた儒学者 貝原益軒が、著書『己巳紀行(きしきこう)』において、このようなことを書いていました。

「天橋立を日本の三景の一とするも宜也」

これが「日本三景」という言葉の文献上の初出とされています。

貝原益軒は、50年間に多くの著述を残し、経学、医学、民俗、歴史、地理、教育などの分野で先駆者的業績を挙げた人物です。(詳細はこちらをクリック

 

ちなみに、2006年に開催された日本三景観光連絡協議会の総会において、林春斎の誕生日が元和4年5月29日(1618年7月21日)であることにちなみ、7月21日を「日本三景の日」と制定されました。

 

私たちが何気なく使っている「日本三景」の歴史をたどると、書物が始まりだったんです。

 

 

<日本三景は?

では、日本三景の場所をご紹介していきます。

 

松島

宮城県宮城郡松島町を中心とした多島海です。(場所はこちら

松尾芭蕉の俳句「松島や ああ松島や 松島や」は有名ですね。

松尾芭蕉が松島を訪れた際、「あまりの美しさに言葉が浮かばずこう詠むしかなかった」という逸話が残されています。

しかし、実際は芭蕉の句ではありません。

芭蕉の松島への憧れは強く、『奥の細道』の冒頭でも「松島の月先心にかゝりて」と述べ旅を始めるほどでしたが、なぜかこの中では松島に関する俳句を残していませんでした。

どうやら、その場で句が思い浮かばなかったのは事実のようで、句は詠んだものの風光明媚な松島に釣りあうものができなかったとも言われています。

では、本当の作者は?

近年の研究によりますと、芭蕉の時代よりも下った江戸時代後期に狂歌人の田原坊(たわらぼう)の作だとされています。

桜田周甫の記した『松島図誌』という現代でいうと旅行ガイドブックに、田原坊の「松嶋や さてまつしまや 松嶋や」という句が収められています。

当時は松島の宣伝用のキャッチコピーとしてつくられたものでしたが、「さて」を「ああ」に変えられ、芭蕉が詠んだ句として広まってしまったのが真相のようです。

 

天橋立

京都府宮津市にある砂嘴(さし:沿岸流により運ばれた漂砂が静水域で堆積して形成される、くちばし形の地形のこと)です。(場所はこちら

読み方は、「あまのはしだて」です。

古事記にも名前が出てきております。

それによると、

「イザナギとイザナミの国生みにおいて天の浮橋に立ち、天の沼矛をまだ何も出来ていない海原に下ろし、「こをろこをろ」とかき回し矛を持ち上げると、滴り落ちた潮が積もり重なって島になった」

のが天橋立だそうです。

 

宮島

広島県廿日市市にある厳島神社を中心とした島です。(場所はこちら

ちなみに厳島(いつくしま)の地名は、

「イツク(心身のけがれを除き、身を清めて神に仕える)+ シマ(島)」

から来ていると考えられています。

1996年に嚴島神社が、ユネスコの世界遺産委員会で正式に世界文化遺産として登録されました。

 

日本新三景が存在する?!

そして、日本三景以外にも日本新三景が存在することはご存知だったでしょうか?

1915年に日本三景にならって実業之日本社主催で、日本新三景の全国投票が行われました。

そして選ばれたのが以下の3つです。

 

大沼(ポロトー)

北海道亀田郡七飯町にある湖です。(場所はこちら

大沼、小沼、蓴菜(じゅんさい)沼などの大小の湖沼群や北海道駒ヶ岳などの周辺の総称として「大沼」とも呼ばれています。

大沼は、ポロトーと呼ばれています。

アイヌ語で大沼を「ポロ・ト」と呼んでいました。

ポロは「大いなる」を意味し、トは「湖沼」や「水溜まり」を意味している

 

三保の松原

静岡県静岡市清水区にある砂嘴です。(場所はこちら

ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産に登録されています。

 

耶馬渓

大分県中津市にある渓谷です。(場所はこちら

読み方は、「やばけい」です。

日本三大奇景(非常にすぐれた風景、珍しい景色、絶景)にも選ばれています。(詳細はこちら

 

みなさんは、これら全て制覇されましたか?

来月からお盆休みが始まります。

旅行先の候補としていかがでしょうか?

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

日本三景は知っていましたが、日本新三景の存在は知りませんでした。

そして、耶馬渓は2年前に行ったことがありました(笑)

実際に登ってみましたが、絶景でした!

高所恐怖症で下は見れませんでしたが(笑)

でも、なかなかの絶景でした!

私は、日本三景2カ所(松島と宮島)、日本新三景1カ所(耶馬渓)を制覇しました。

生きている内に全部制覇したいとこの投稿を書いていて感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA