UVERworldの7日目の決意について

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから51回目の投稿です!

昨日から都内は最高気温が一桁になって寒かったですよねー

そして、今朝は最低気温が-1°!?

よこがくは、寒いのが苦手なのでこの時期は本当につらいです...

冬国育ちなのにです(笑)

みなさん、暖かい恰好で過ごしていきましょ!

今日は、UVERworldの曲でよこがくが好きな「7日目の決意」について書いていきます。

魅力については、先日の投稿で熱く語ったので、こちらを見てください。

 

流れとしては

  • こんな人に聞いてほしい
  • 注目ポイント
  • さいごに

です。

 

 

<こんな人に聞いてほしい>

結論としては、こんな人に聞いてほしいです。

  • 生きる価値を見出せていない人
  • 明日からの生きる活力・希望が無い人
  • UVERworldに興味がある人

 

 

<注目ポイント>

注目ポイントに入る前に、簡単に楽曲を紹介します。

  • UVERworld26枚目のシングルで2015年6月に発売
  • 作詞:TAKUYA∞、作曲:UVERworld
  • キャッチコピーは、「夢を願う時、少し強くなる僕らの日々」

 

前回の「一滴の影響」について書いた記事で、作詞はTAKUYA∞と書きました。

基本UVERworldの作詞は、TAKUYA∞さんがやっています。

 

ここから注目ポイントを書いていきます。

それはこの曲ができた背景と歌詞です。

 

この曲の製作背景は

  • TAKUYA∞さんが夢で見たメロディと歌詞から書き上げた
  • ライブの遠征中に銭湯へ行った際、一緒に入っていたおじいちゃんとの会話からも歌詞を書き上げた
  • 発売予定日をずらして、その間ライブで披露して更に曲の完成度を上げた

 

夢の内容は、カエルの刺繍を施した学ラン姿の学生たちが、「君は冬の夢を見て鳴く蝉」という歌詞とメロディを歌っていた、

とTAKUYA∞さんははっきり覚えていたそうです。

これを歌詞にしようと思ったTAKUYA∞さんもスゴイと思いました。

 

銭湯の会話ですが、たまたま話したおじいちゃんが戦争を経験した人だったそうです。

ふとTAKUYA∞さんが、おじいちゃんにこんな質問をしたそうです。

「死ぬ以上に悲しいこと、辛いことがあった?」

そしたら、おじいちゃんはこう答えたそうです。

「あると言えばあったし、無いと言えば無かったな」

この会話が歌詞に盛り込まれています。

 

発売日をずらしたは、出来上がった瞬間、曲に納得がいかなかったみたいです。

そこであえて発売予定日をずらし、その間ライブで披露して、お客さんの反応や歌っている感じ、演奏の仕方を見直しました。

その期間、約半年間

CDを発売すれば利益が出るのに、そこをあえて自分たちが納得する形で出したい強い思いがわかると思います。

 

これらのエピソードを聞いただけでも、ドラマのような製作背景ですよね。

UVERworldは、最高の曲を作るために妥協を許さないことがわかります。

そこにホレていますが(笑)

 

オススメの歌詞を1つ紹介します。

本当は3つくらい書きたかったのですが、長すぎるのは私が好きではないので。

それに加え、よこがくがその歌詞について思うことを書いていきます。

 

「もう 今日からは死ぬ以上の悲しみは ここに無いと思って生きて行くよ ならもう何も怖くない 誰がどう言おうと構わない 諦める必要もない 強く生き抜くよ」

銭湯でのおじいちゃんの会話のように、死ぬこと以外の悲しみは無い。

だから、他人に何をどう言われようが構わない。

やりたいことをやって、この世を生きて行こう!

そう思うフレーズだと思いました。

 

 

<さいごに>

この曲は

「生きる価値を見出せていない人」「明日からの生きる活力・希望が無い人」「UVERworldに興味がある人」

そんな人はこの曲を聞いてみてください。

 

立ち止まったままでいても何もかわりません。

変わろうと思う小さな一歩を踏むだけで、大きく変わることができます。

 

他人にどう言われようが気にせず、この世をを生き抜いていきましょう!

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

 

<あとがき>

この曲はライブで何回も歌ってくれています。

そして、そのたびによこがくは涙を流しています(笑)

生きていると辛いこと、イヤなことがあると思います。

その中でも、立ち止まらずに前を向いて歩いていきましょう!

私も立ち止まりそうになるときがあります。

そんなときにこの曲を聴いて、生きていこうと思っています。

皆さんもよこがくと一緒に、やりたいことをやり尽くしながらこの世を生き抜いていきましょ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA