UVERworldのTHE SONG

こんにちは!よこがくです!!

ブログ開設してから70回目の投稿です!

昨日ですが、東大のセンター試験会場で殺傷事件が起こりましたね。(詳しくはこちらをクリック

逮捕されたのは、高校2年生の少年。

記事を見てみると、精神的に追い込まれたみたいなことが書いてありました。

真意は不明ですが、その気持ちはわかります。

私も10年以上前にセンター試験を受験したときは、結構追い込んでいました。

そして、かなりピリピリしていたと思います。

周囲からの期待によって自分を追い込んでしまったのかな…

少年にはやってしまったことは、しっかり反省してほしいです。

そして、自分の未来に悲観的にならずに前を向いて歩いてほしいです。

今日は、UVERworldの曲でよこがくが好きな「THE SONG」について書いていきます。

魅力については、先日の投稿で熱く語ったので、こちらを見てください。

結論としては、「UVERworldの10年間がわかる曲」です。

流れとしては

  • こんな人に聞いてほしい
  • 注目ポイント
  • さいごに

です。

 

 

<こんな人に聞いてほしい>

よこがく的に、こんな人に聞いてほしいです。

  • UVERworldのことを最近知った人
  • 夢を諦めかけている人
  • 大きな失敗をした人

 

 

<注目ポイント>

注目ポイントに入る前に、簡単に楽曲を紹介します。

  • UVERworld22枚目のシングル「THE OVER」のカップリング曲
  • 作詞:TAKUYA∞、作曲:UVERworld
  • UVERworld自身のドキュメンタリー映画の主題歌

 

以前の「一滴の影響」について書いた記事で、UVERworldの作詞はすべてTAKUYA∞さんが書いています。

そして、この曲は先日紹介した「THE OVER」のカップリング曲です。

「THE OVER」については知りたい人は、こちらをクリック

 

この曲は、当初ボツ曲になる予定だった楽曲です。

しかし、ドキュメンタリー映画の監督がこの曲を聴いて、「ぜひ使いたい!」と言って曲が完成されました。

監督の一言がなければ、この曲は世に出ることはありませんでした。

 

曲はバラード調になっていますが、歌詞は曲と真逆でめちゃくちゃ熱いです。

そんな曲で、オススメの歌詞を2つ紹介します。

それに加えてよこがく的なコメントを加えます。

 

本当の強さとは何か 本当の弱さとは何か 永遠の愛 なぜ必要なのか 百年そこらの命の中で

人の命はたかだか100年。

その中で、「あなたの強みと弱さは何か?」「永遠の愛とは何か」と問われる時がある。

それは、本当に人が生きている上に持たないといけないこと?

そんなもの無くても生きていけるよ。

 

出来る言い訳なんて もう無い 完璧な状態で戦えてる奴の方が少ない 大なり小なり傷は仕方が無い

世の中、完璧というものは無いし、その状態で挑む人も少ない。

完璧を求めて過ぎて時間をかけてしまうと、失敗するのが怖くなってやらなくなる。

多少、失敗して傷つくのは仕方ない。

やらないで後悔よりやって後悔。

 

 

<さいごに>

この曲は、普通にシングルとして出しても成立しそうな曲です。

そして、この曲が主題歌になっているドキュメンタリー映画も面白い。

結成12年、デビュー7年のときに密着したできた映画です。

いまイキイキとしているUVERworldが、こんなことを考えていたのかと思いました。

最近UVERworldに興味を持った方は、1度観てほしいです。

UVERworldのことが更に魅力的なバントになること間違いなしです!


 


 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

また、よかったら感想などのコメントをいただけると嬉しいです☆

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

<あとがき>

UVERworldのスゴイところは、シングルで出す曲のカップリング曲がめっちゃ良い。

普通にシングルで出してもおかしくない曲ばっかり。

その曲たちもいろいろ紹介できれば良いと思っています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA